• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夫が病気で復職決意 主婦の私を変えた看護師の言葉

2018年5月31日

専業主婦時代の私は「自分の人生に向き合っていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 誰もが皆、結婚や出産を経て働き続けるわけではありません。積極的に専業主婦を選び、あるタイミングで復職する人も多くいます。今回は、妊娠のタイミングで専業主婦になり、10年後、夫の病気をきっかけにして復職した女性に、本音をお聞きしました。

S・Sさん(40歳)
雑貨店 勤務(販売職)
子ども…小6、小3
専業主婦歴…約10年
職歴…新卒でメーカーに入社。激務のため派遣社員に転職後、結婚、妊娠後に退職。専業主婦となる。約10年間の専業主婦を経て、夫が入院を伴う病気をしたことをきっかけに、3年前に雑貨店勤務として復職。

――S・Sさんは、新卒で経理などのお仕事をされていたそうですね。

 「新卒でメーカーに就職し、主な業務は経理でした。小さな会社だったので営業アシスタントから内勤補佐、トイレ清掃まで幅広く仕事がありました。ものすごく忙しく、有休も取りにくい雰囲気で、『早く転職したい』と思っていましたね。入社3年ほどで派遣社員に転職しました。前回と同じような正社員で激務をこなすのは難しいと思ったからです。ある会社のグループ会社の経理担当だったのですが、結果的に本社の経理部配属となりました。派遣社員なので仕事の範囲は狭く、前職に比べるとやりがいは減りましたが、心理的な余裕はできました。公私ともに充実していました」

――28歳の時に結婚し、29歳で妊娠したタイミングで退職されたとお聞きしました。

 「はい。ちょうど妊娠が分かった頃、社内システムの移行で急に忙しくなりました。つわりがつらくても定時で帰ることができず、毎日残業。配慮してもらって、同僚より早く帰らせてもらいましたが体力的にキツくて……。このまま続けていけるだろうかという不安がありました。

 同じ頃、職場から『派遣社員から契約社員にならないか』という打診がありました。でも、こんなに忙しい部署で子育てと両立できる自信はない。迷惑を掛けてしまうのが嫌で退職することにしたんです。妊娠の時期がもっと遅かったら、契約社員になる道を選んでいたかもしれません……。

 当時は、同僚も学生時代の友人も、出産、結婚している人がおらず、『仕事と家庭、育児は両立できるか』について誰にも相談できませんでした。誰か一人でも相談できる人がいたらよかったのですが……」

専業主婦になったらなったで大変でした

――専業主婦になって、出産後はいかがでしたか?

 「『子どもがなかなか寝ない』『なかなか泣きやまない』と、日々必死。専業主婦なので『家事も育児も完璧にこなさなくては』という使命感に駆られていました。夫には、なかなか家事・育児の大変さを分かってもらえず、『私は専業主婦だから仕方ない』と思いながら、常にイライラを抱えていたように思います。

 地域で出会うママたちはほとんどが専業主婦です。だから『これが当たり前なのかな』と思い込んでいました。育児も家事も、手を抜くコツも分からず、模索していた時期です」

毎日、「専業主婦なんだから完璧にこなさなくては!」と家事と育児に必死でした 画像はイメージ (C)PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職コミュニケーション術お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ