中堅どころと呼ばれる人でも、意外とできていないのが正しい言葉遣い。敬語には尊敬語に謙譲語、丁寧語がありますが、あなたはきちんと使い分けられていますか? 新人なら注意してもらえるかもしれませんが、今の立場なら間違いは自分で正さないと! ということですずまり姉さん、ご指導ご鞭撻(べんたつ)のほど、よろしくお願いいたします。

(登場人物)

すずまり姉さん(45歳)ひよ子(24歳)やる子(32歳)
左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。

中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。

右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。

上司や取引先に対して、正しい言葉遣いはできている?

 一雨ごとに秋が深まり始めたこのごろ。午前中の仕事を終え、一息ついているすずまり姉さんの元へ、困り顔のやる子とひよ子がやって来ます。

やる子 「すずまり姉さん、ちょっとお時間ありますか?」

すずまり姉さん 「あら、どしたの? 二人して元気なさそうだけど。あ、さてはおなかがすいたからランチのお誘いとか? 『天高く馬肥ゆる秋』って言うものね。私も最近、食欲に歯止めが利かなくて……」

やる子 「いや、確かにおなかはすいているけど、そうじゃなくて」

ひよ子 「実は今朝、営業部長に叱られたんです、私たち。きのうの会食で、『言葉遣いがなってない』って言われて……」

すずまり姉さん 「おやま、それはいかんですな。具体的に、どんな点を指摘されたの?」

やる子 「たったの一言だけだったから、どこが悪いか分からないんです。ひよ子ちゃんには『ムダに丁寧』、私には『失礼』って。あの冷ややかな視線、思い出すたびに腹が立つ! 相変わらず、営業部長は私の天敵でした……」

すずまり姉さん 「いやいや、それはありがたいと思いなはれ。最近、注意してくれる人なんて少ないんだから。なんだかんだ言って、あ~たたちは期待されてるんじゃない」

ひよ子 「それならますます、きちんとした言葉遣いをしなくちゃですね……。でも、どうしたらいいんでしょう?」

すずまり姉さん 「まずは基本の敬語をおさらいするべきね。よし、ランチがてら、お話ししようじゃないですか」

ひよ子 「ありがとうございます、すずまり部長!」

やる子 「どこにでもお供いたします! 何なら、焼き肉食べ放題とか」

すずまり姉さん 「食べ放題って……。ちょいとやる子、『すずまり肥ゆる秋』にするの、やめてくださる?」

「さようですか。りょうかいでーす。では、お手数ですが、先日の打ち合わせのおメモを送っていただけますか?」――ああ、間違いだらけ (C)PIXTA