• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

35歳以上のフリーランス全員クビ…月収5万から挽回

2018年5月24日

フリーランスの一寸先は闇…光はどこに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近ではフリーランスとして働く女性も増えてきています。自分のスキルを生かして、好きな仕事をすることができる半面、収入が安定しないのが玉にキズ。今回登場するのは、フリーランスで順調にキャリアを積み上げてきたにもかかわらず、突然仕事がなくなってしまった女性の相談です。突然リストラされた女性を前に、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは、どんなアドバイスをするのでしょうか?

今回のお客様は、突然仕事がなくなってしまったフリーランスの女性。あなたなら、どうしますか? イラスト/北村みなみ
吉岡奈々さん(仮名) 35歳 フリーランスの編集者
年収700万円 一人暮らし
長所 美人で真面目
短所 ネガティブ思考

「35歳以上」だからリストラ!? 突然無職になる恐怖

 最近ではスキルを武器に、フリーランスという働き方を選ぶ人が増えてきているようです。ただ、マネーに関して、フリーランスの人たちに必要な知識はあまり知られていないのかもしれません。

 今回は、そんな「フリーランス女子」のお悩みがテーマです。

 相談者は、フリーランスで編集業務を請け負っている奈々さん・35歳。彼女は大手出版社の女性誌の編集部で働いていました。といっても社員ではなく、フリーランスという立場で業務を請け負う形で、その報酬は月60万円。ボーナスはありませんので、年収でいうと700万円ほどです。

 なかなかの稼ぎぶりだったのですが、私のもとにマネー相談に駆け込んだ時、彼女の月収はなんと5万円に!

 いったい彼女に何が起こったのでしょうか。

 奈々さんに話を聞くと、「編集長が代わって、ある日会社に行ったら、『契約は更新しません。2日後には新しい人が来るから、席を片付けてほしい』と言われちゃったんです!」と言うではありませんか。

 社員だったらこんなことはないかもしれませんが、彼女はフリーランス。この時、雑誌のターゲットとなる読者層を若くしたいから、35歳以上のフリーランス編集者は皆リストラされたのだとか。5年以上も働いたのに、です。

 もちろん、フリーランスなら、仕事がなくなったときのために貯蓄はしておくのが鉄則。奈々さんの貯金は普通預金で500万円あり、すぐに暮らしが立ち行かなくなるということはありませんでした。

 しかし奈々さんが悩んでいたのは、もっと深刻な、将来への悲観でした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
高山一恵
高山一恵(たかやま・かずえ)
Money&You取締役、ファイナンシャルプランナー。2005年に女性向けFPオフィス、エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めた後、現職へ。女性と女性FPのマッチングメディア「FP Cafe」を運営。全国での講演活動、執筆・相談業務も行う。著書は「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「1000円から増やす積み立て投資術」 (スタンダーズ・頼藤太希共著)など。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ