• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

LCC機内でも快適に過ごせる 狙い目は限定スイーツ(2/3)

2017年6月9日

席の交換はNG? LCCに乗るときの注意点や機内での過ごし方をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

飛行機旅の「暗黙の了解」が通用しない

 もちろん、オプションで広いシートを指定する方法もある。

 LCCでは大抵は最前列や非常口そばなどに、空間に比較的余裕のある座席が用意されている。いい席になればなるほど追加料金が割高にはなるものの、シートの良し悪しは機内での快適性に直結する。狭さがどうしても許せないのならば、検討する価値はあるだろう。

 こんなことがあった。以前、とあるLCCに搭乗した際、他の乗客に「座席を代わってくれませんか?」とお願いをされた。見ると外国人のカップルで、どうやら席が離れ離れになってしまったようだ。こちらが一人で旅していると割とよくあるシチュエーションと言えるだろうか。

 普段なら快く代わってあげるところなのだが、LCCだとこれが悩ましい。そのときは、こちらもお金を払って座席指定していたから、どうしたものかと思案した。

 結局そのカップルにシートを譲ったのだが、モヤモヤした気持ちになった。断ってもいいとは思うものの、面と向かって頼まれると拒絶しにくいのも正直なところだ。

こんな風に景色を眺めたいなら、窓側の座席を指定した方がいい

 「お客様の座席のご移動は、ご遠慮いただいております」

 LCCではこんな内容の機内アナウンスが流れるのもお決まりである。たとえ空いていたとしても、指定されたシートに座り続けなければならない。すぐそこに3列誰も座っていないシートがあるのに、自分は両隣を知らない人に挟まれている……みたいな状況も多く、もどかしい思いをすることもあるだろう。

 また、隣の席に誰もいない場合も喜ぶのは早計だ。これ幸いとばかり、荷物などを置きたくなるところだが要注意である。

 ピーチでは隣席利用も「スペースシートオプション」という有料サービスになっている。料金は国内線だと1席当たり2000円。レガシーキャリアでは暗黙の了解だったようなこともLCCでは通用しなかったりするから油断できない。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉田友和
吉田友和(よしだ・ともかず)
旅行作家。世界一周新婚旅行の模様を描いた『世界一周デート』でデビュー。世界一周ブームの先駆けとなった『してみたい! 世界一周』や、超短期旅行の魅力を綴った『週末海外!』シリーズが大きな反響を呼ぶ。近年は日本国内も精力的に旅をし、子育てを目的に沖縄短期移住などの試みも。近著に『ハノイ発夜行バス、南下してホーチミン ベトナム1800キロ縦断旅』(幻冬舎)、『週末5万円からの東南アジア』(大和書房)など
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ