• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性のキレイ習慣

ライザップ式の食事で「きれい」に痩せる

2018年9月28日

結果にコミット! 美ボディ食事術

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今やダイエットの代名詞ともなったライザップ。そのライザップ式の運動&食事のメソッドを1冊に詰め込んだ「世界一下腹が凹む! ライザップ式ダイエットボール」(特別付録「ダイエットボール」付き/日経BP社)が発売された。その中から、きれいに痩せるためのライザップ式食事術をご紹介。

 ライザップの食事術は、「低糖質」と「高たんぱく」がキーワード。スイーツはもちろん、主食となるご飯やパン、麺類に加え、根菜、糖質の多いフルーツなどを抜くのが、一つ目の基本的なルールだ。糖質を抑えることによって、代わりに、体内の余分な体脂肪を燃焼させ、無駄な脂肪を減らしていくのが、その目的。「そんなのおなかが空いてムリ!」と思うかもしれないが、3食しっかり食べられて、間食もOKなので、ダイエットのつらさは比較的少なめ。

 糖質の代わりに食べたいのが、筋肉量を増やすためのたんぱく質。もちろん、野菜も忘れずに。肉や魚、卵などを食事の中心にすることで、筋肉を落とさず、脂肪を落としていこう。

 まずは「ライザップ式食事術のルール」を確認しよう。

1 糖質を避ける

 ダイエット開始から2週間は、主食となるご飯やパン、麺類に加え、スイーツ、根菜などを抜く。糖質は「1日50g程度」。ちなみに、白米茶碗1杯の糖質は約55g。ライザップが推奨するダイエットの期間は、2カ月。3週間目以降は「1日120g」まではOKだ。

2 たんぱく質を中心に3食しっかり

 1回の食事量は「一般的な定食からご飯を抜いた程度」。腹八分目で食べるのをやめるように心掛けよう。糖質の代わりに、お肉や魚などのたんぱく質を「1食25g」程度、積極的に取りたい。鶏肉なら約100g、刺し身なら約10切れが目安だ。

3 おなかが空く前に間食を

(写真はイメージ)

 体が飢餓状態に陥るとかえって脂肪をため込んでしまうため、ライザップでは、適度に間食をすることを推奨している。チーズやナッツ、無糖ヨーグルト、小魚、スルメイカなどがお薦めだ。とはいえ、食べ過ぎはNGだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ