• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性のキレイ習慣

老け見え姿勢ストップ!「肩関節ストレッチ」

2017年7月19日

デスクワークで前側に入った肩関節をリセット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ショーウインドーに映った自分をふと見たら、老け込んだ姿勢に衝撃! そんなあなたは、「肩関節の位置」を見直してみて。前側にずれ込んだ肩位置を整えるストレッチで薄着の季節もすっきり若見え!

肩関節が前側にずれると老け込みが加速する

 「長時間のデスクワークによって猫背になり、肩が前側に入る『前肩(まえかた)』になると、肩関節そのものが前側にずれこみます。前肩のデメリットは見た目の問題だけではありません。肩凝りが慢性的になるのはもちろん、肩関節に伴い背骨のカーブも崩れ、首や腰に痛みが連鎖することもあります」と、Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長で整形外科医の中村格子さん。

中村格子
整形外科医・医学博士
スポーツドクター

Dr.KAKUKOスポーツクリニック院長。横浜市立大学整形外科客員教授。横浜市立大学医学部卒業。同大学附属病院、国立スポーツ科学センター医学研究部研究員などを経て、2014年より現職。トップアスリートから一般の人まで指導・治療。「大人のラジオ体操」(講談社)はシリーズ累計82万部。著書多数

 自分はたぶん前肩だと思うけれどよく分からない……というときは、立ち姿勢で確かめてみよう。

 特別な意識をしないで、何気なく立ち姿勢をしてみよう。真横から見て、両手が体の真横より前側にきている人は「前肩」。肩関節の位置が正しい状態ならば、手は体の真横にくる。肩関節の位置のずれが、全身の「老け見え姿勢」に影響していることが自覚できるだろう。

 肩関節は、肩から肘にかけての「上腕骨」、体の前側の胸骨と肩甲骨をつなぐ「鎖骨」、背中側にある三角形の「肩甲骨」の3つの骨で構成されている。

 「通常、関節はクッションの役割をする柔らかい組織によって包まれていますが、肩関節は膝などの他の関節と異なり、包まれている部分はごく一部だけ。だから、肩関節周囲はもともとこすれる刺激に弱く、損傷しやすいのです。その上、肩関節は、つなぎ目である接合部がずれやすい構造をしている、という特徴も。

 だから、四十肩や五十肩など強い痛みが出る炎症も起こりやすい。さらに、年齢とともに肩周辺の筋力も低下するため、『前肩』を元に戻す力もなくなり、『老け見え姿勢』が定着してしまうのです」(中村さん)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ