• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性が多い会社はいい会社? 恐ろしい不都合な真実

2016年6月8日

女性が多い会社は業績がいい データで明らかになった「○○費削減」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今年4月に女性活躍推進法が施行され、女性採用に積極的な企業にさらにフォーカスが集まっています。私が普段接している資本市場の世界でも、女性活躍を推進する動きが出ています。経済産業省と東京証券取引所が、女性活躍推進に積極的である優良上場企業を「なでしこ銘柄」として選定し、発表する活動を行っています。

 その他には、女性活躍を推進するだけでなく、女性管理職・役員比率が高い企業ほど、業績や株価が良いといったレポートや報道も散見されるようになりました。例えば、女性役員が一人もいない企業とそうでない企業では、後者の企業業績が良いという報告が多数されています。

 でも、こうした報告の多くは、企業業績がいい企業ほど女性活躍推進を進めているのか、女性活躍推進を進めているから企業業績がいいかの因果関係は明確にはしていません。

 今回は、そうした因果関係について、経済学の視点からの研究を紹介していきます!

その因果関係を探るのが意外と難しい

 実は、アカデミックの世界では、女性活躍推進と企業業績の関係については、明確な理論は確立されていません。しかし、女性活躍推進によって企業にどのような影響があり、その波及経路を明確にしようと試みた研究は多数されています。

 仮に、女性活躍を推進している企業ほど企業業績が良かったとしても、その時代だから成立しただけかもしれません。更には、女性を多く採用しがちな業種は、相対的に利益率が良い企業が集まっているだけかもしれません。例えば、上場企業に限っていえば、IT企業と製造業では、平均的には前者の利益率が圧倒的に高い傾向にあります。また、IT企業は創業年数の浅い企業が多いからなのか、女性採用に抵抗の無い企業も多いようです。

 女性活躍推進と企業業績の因果関係を考えるには、時代・業種・創業年数・企業規模…女性採用に影響がありうる要因を考慮しないと、この謎を解くことはできないのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネー働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ