• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「美しい人ほど年収が高い」は本当か?

2016年5月11日

弁護士、医師、CEOでは、美しい女性ほど年収が高い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさま、こんにちは。実は4月から、化粧品会社の社外取締役に就任しました。ここでは、研究内容を活かした商品開発のアドバイスや、経営陣の方々に言いたいことを言う(笑)という役割を担っています。これまで行ってきた働く女性経済環境研究が一つ形になりそうな予感です。こうした経緯から、美しさとは何か? を考える機会が増えました。今回は、美しさにまつわる、興味深い経済学分野の研究を紹介していきます。

美しさとは、一貫したものなのか

 なぜ、私たちは美しくありたいと考えるのでしょうか。それは、美貌が珍しく希少なものだからです。その希少性によってビジネス、プライベート、あらゆる場面で、何かしらうれしいことが起きると期待できるからです。経済学とは、この希少性がどんな作用を起こしうるかを分析する学問。経済学の手法を用い、美貌効果を研究しているといえば、テキサス大学で教鞭も取るダニエル・S・ハマーメッシュ博士の研究が有名です。

 でも、違和感を抱く人も少なくないかもしれません。だって、美しいって主観に依存するところが多い。あの人にとっては「キレイなヒト!」でも、この人にとっては……なんてことも少なくないはず。美しさに一貫性はあるかを調査するには、二つの方法があります。

(C)PIXTA

 一つは、同じ人が同じ他人を評価しても、違う場面のその他人を見たら評価が変わるかです。場面や写真によって、人にはいろんな表情があります。1977年から1981年にかけて、カナダでこれに近い大規模調査が行われました。なんと、評価される側の評価は、調査年度によって大きな変化はなく、驚くほど同じだったのです。

 もう一つは、とにかくたくさんの人たちにその人に対して美醜の評価をしてもらう方法です。ただし、誰かが下した評価に影響されないように、他の人とは独立して評価してもらいます。ダニエル博士は、生徒を使ってこの実験をしました。独立して評価をしているにも関わらず、それぞれが下した評価に大きな違いはなかったといいます。もちろん、欧米圏やアジア圏といった国や文化圏で美醜の判断軸は違うかもしれません。ただ、それぞれで一貫した美しさというのは存在していても不思議ではないようです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
崔真淑(さい・ますみ)
崔真淑(さい・ますみ)
マクロエコノミスト。Good News and Companies代表。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。化粧品会社エイボン・プロダクツ社外取締役。1983年生まれ。神戸大学経済学部、一橋大学大学院(ICS)卒業。大和証券SMBC金融証券研究所(現:大和証券)では株式アナリストとして活動し、最年少女性アナリストとして株式解説者に抜擢される。2012年に独立。経済学を軸にニュース・資本市場解説をメディアや大学等で行う。若年層の経済・金融リテラシー向上をミッションに掲げる。公式ホームページ
関連キーワードから記事を探す
マネー働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ