• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年から変わる源泉徴収票 そもそも源泉徴収票って何?

2016年10月31日

マイナンバーで変わる源泉徴収票 大きく変わったのは2カ所

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 突然ですが、問題です。

「源泉徴収票にかかわるもので、今年の1月1日から始まったものはな~んだ?」

 答えは「社会保障・税番号制度」、つまり、「マイナンバー」です。

 会社員の方なら職場に、フリーの方なら取引先にマイナンバーを提出されたことと思います。そのマイナンバーが始まったことで、源泉徴収票の様式そのものが、今年から変わります。

どこがどう変わるの?

 大きく変わるところは2カ所です。新旧を比べてみたのが次の図です。どこが変わったか、わかりますか?

<旧:平成27年分>
<新:平成28年分>

ここが変わった……【1】大きくなった

 パッと見てすぐにわかるのが、その「大きさ」。見慣れた源泉徴収票と比べると、新しい源泉徴収票は、縦の長さが2倍になります。その理由が、2つ目の変化です。

ここが変わった……【2】マイナンバーの記載

 右上の自分の名前の上のほうに、「個人番号」として、マイナンバーの記入欄が登場しています。

 そのほかにも、真ん中よりやや下のあたりに「控除対象配偶者」や「控除対象扶養親族」を書く欄があり、そこにも「個人番号」、つまりは、マイナンバーの記入欄があります。

 さらに、もう1カ所あります。実は、一番下の勤務先である「支払者」のところ。ここには給料を支払っているところが個人なら個人番号、企業なら法人番号の記入欄であり、給料を支払う人のマイナンバーも記載されるようになったのです。

 これだけたくさんの情報を載せなければならないからこそ、縦長2倍の大きさになったんですね。

 大きく変化した点はこの2つですが、住宅ローン控除の記載がより詳しくなったことやマイナンバーによりレイアウトが少し変わった点なども変化です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ