• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

利回り15%超のお得感で人気上昇「百貨店友の会」総活用

2016年10月3日

非課税でお得に貯められる トリプルメリット&注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 あなたは、給与振込で使っている普通預金の金利をご存知ですか?

 多くの銀行では0.001%ですが、実は、たったこれだけの金利からも20.315%の税金が差し引かれています。そうなると……手取りは0.00079685%。つまり、約0.0008%の利息しか付かないのが、今の金利事情なのです。

 そんな中、非課税でさらにお得だと、昨年末から注目度がぐんと上がっているのが「百貨店友の会」です。「百貨店友の会」には3つのメリットがあります。

【トリプルメリット その1】非課税でお得に貯められる

 百貨店友の会とは、お気に入りの百貨店で毎月決まった金額をコツコツ積み立てると、1年後には、毎月積立金額と同じ額のボーナスがもらえるという商品です。

 この積立のメリットは、1年間に積み立てた金額の1カ月分、つまり約8%分に相当するボーナスです。例えば、1万円を12カ月積み立てると、満期積立額は12万円ですが、受取額はこれに1カ月分の積立額1万円がプラスされ、13万円分の買い物券(カード)になって戻ってくるのです。これは、預金金利と同じように計算すると、なんと約15%の利回りに! 普通預金とは比べ物にならないほどの魅力ですね。

百貨店でよく買い物をする人には超お得! (C)PIXTA

 さらに、0.001%の普通預金からも税金は約20%天引きされるのに対して、百貨店友の会積立で増えたボーナス分には、税金がかかりません。非課税でお得に貯められる百貨店友の会積立は、百貨店大好き女子には欠かせない活用法ですね。

【トリプルメリット その2】優待サービス

 続いて2つ目のメリットは、隠れメリットである優待サービスです。

 優待サービスのベースは、自社や提携レストランやホテルなどの割引です。百貨店によっては、「お中元、お歳暮時の5%優待券がもらえる(高島屋)」「自社催しの無料招待がある(阪神梅田本店)」「登録した子どもや孫の誕生月に来店すると3特典がある(京王百貨店)」などがあります。

 せっかく百貨店友の会積立をするのなら、友達とのランチに旅行など、優待サービスを確認して活用しましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネーお買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ