• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今年は海外旅行がお得になる 円高時のお金の使い方

2016年7月25日

「円」の価値で考え、為替を活用して賢くお金と付き合う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回の記事「『分かったフリ』してない? 円高・円安ってこういうこと」では、今さら聞けないけど知っておきたい円高・円安の基本的なポイントを紹介しました。

 今回は、この円高・円安の為替によって、海外旅行や日常のショッピングで得をするのか損をするのかについてお話していきましょう。

 では、早速問題です。

Q.海外旅行に行くときには、円高ドル安のときと、円安ドル高のときと、どちらがお得だと思いますか?

 答えは、円高ドル安です。円の価値が高くなる円高ドル安になると、海外旅行をするときには、お得なことがたくさんあるのです。

 例えば、円をドルに交換するときの為替レート(TTS)が1ドル100円としましょう。そのときに、手元にある1万円をドルに換えるとします。すると、1万円÷100円の為替レート=100ドルとなり、1万円は100ドルに変わりました。

 でも、昨年の1ドル約125円のときなら、1万円÷125円の為替レート=80ドルにしかなりません。

 日本円では同じ1万円なのに、ドルに換えたときの手元に残る金額は、1ドル100円で交換したときのほうが多く、円高ドル安の方が海外で使えるお金は増えるのです。

 また、あなたが現地で買いたいバッグが1000ドルだったとしましょう。

 1ドル約100円なら、1000ドル×100円=10万円で買えますが、昨年の1ドル約125円なら、1000ドル×125円=12万5000円となるため、2万5000円多く払わないとそのバッグは買えません。

 「どちらがお得ですか?」 とお聞きするまでもなく、日本円での支払いが少ないのは、1ドル100円のときですよね。

 このように、私たちが海外旅行に行くときは、円の価値が高くなっている「円高ドル安」のときがオトクなのです。

 また、円高がオトクになるのは海外旅行だけではありません。わたしたちが運用を考える際に、為替を味方につけることができれば、円とドルの交換だけでお金を増やすことも可能です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ