• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

面倒な家計簿 挫折しないアプリ活用術をFPが伝授

2018年5月7日

家計簿は付けた後も面倒 楽しくラクに付けるコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「お金を貯めよう!」=「家計簿をちゃんと付けなくちゃ!」という思考回路になっていませんか? 家計簿を付けるメリットが大きいことも事実ですが、家計簿に挫折した経験が、「お金のことができない私……」という劣等感につながっている人も少なくありません。家計簿のメリットは生かしつつ、家計簿ナシでもできるお金の使い方を考えてみましょう。

家計簿は付けただけでは貯まらない

 「家計簿を付けたらお金が貯まる」と、感じさせるほどの存在感がある家計簿ですが、付けるだけではお金は貯まりません。

 目に見える家計簿とは、「収入と支出の記録」ですから、記録を取るだけでお金が貯まるという簡単な話ではありません。「家計簿を付けたらお金が貯まった!」という人は、家計簿をきっかけに、この記録を活用し、自分を振り返り、意識と行動を変えたからこそ、お金が貯まったのです。

 当たり前のことを……と思われるかもしれませんが、実は、「付けているんですけど、書いているだけなんです」「付けているんですけど、見直し方が分からないんです」と、いう方が、たくさんいらっしゃるのです。

こういう作業、苦手なんだよね、って言う人、たくさんいますよね (C)PIXTA

なぜ、挫折するのか?

 家計簿を付けるメリットは、「振り返りができること」です。でも、その振り返りのためには、まずは、家計簿を付けなければなりません。

 一般的な家計簿の付け方は、買い物をした時のレシートを集め、それを毎日や1週間に1回などのペースで家計簿に付けるもの。でも、そこには、こんな困難が待ち構えています。

◆レシートと共に、付けなきゃいけないプレッシャーがたまる
◆レシートがない支出のコントロール方法が分からない
◆レシートの字が小さくて、読み解くのが面倒臭い
◆以前はどの支出項目に振り分けたのか分からない
◆クレジットカードの支出はいつの支出にしたらいいのか分からない
◆家計簿の収支が合わない
◆検算したら、1回目と2回目の計算結果が合わない

 挫折したことがある方は、思い当たりませんか?

 また、これらの困難を乗り越えて、完成した家計簿を前に待っているのは、「自分のムダ遣いを探す」「使い過ぎた反省をする」という、自分のダメだったところを探すという、あまり心が躍らない作業です。

 そうなると、なんとなく「家計簿を付けなきゃ」や「家計簿を付けたらお金が貯まるのでは?」という気持ちだけで、付け続けることには限界があります。そこで、次回お伝えする「家計簿を付けなくてもできる、楽しいお金の使い方」の前に挑戦していただきたいのが、「1カ月だけ家計簿」です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネーお買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ