• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

選ぶ結婚 事実婚と法律婚は何がどう違うのか

2016年4月25日

事実婚でも夫の扶養に入れる 携帯電話の家族割引も受けられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの前野彩です。

 入籍していない夫婦関係、これが「事実婚」です。前回の記事「事実婚は何がメリット? 同棲との違いは住民票」では、事実婚と同棲が異なることについてお伝えしました。では、入籍した法律婚と、入籍しない事実婚では、何が違うのでしょうか。

 基本的には、入籍した夫婦もしていない夫婦も同じ権利と義務があり、社会保険や世の中のサービスも利用できます。ただし、税金面では事実婚のデメリットが存在するのが現状です。

 次の表に、その違いを一覧表にまとめました。

■法律婚と事実婚の違い

 事実婚でも法律婚と同じく妻が夫の扶養に入ることもできますし、遺族年金などの受取人にもなれます。住宅ローンを夫婦で組むことができるし、携帯電話や自動車保険の家族割引も使えます。

 ただし、すでにお伝えした通り、事実婚のパートナーは法律が認める「配偶者」ではないので、妻が専業主婦の場合、配偶者控除や配偶者特別控除を使えず、夫の税金負担が増えるというデメリットがあります。ただし、事実婚を選択する多くの女性は、自分も働き収入があるため、入籍の有無にかかわらず配偶者控除等は必要性がないのが現状でしょう。

 また、お互いを生命保険の受取人にしたい場合は、事実婚でも受取人になれる保険会社を選ぶことで解決できます。また、離婚時に夫婦共に厚生年金で働いている場合の年金分割は、それぞれに収入があり厚生年金保険料を納めていることを考えると、分割できなくても個人の老後の厚生年金は確保されています。

 ということは、事実婚で困ることは、相手が亡くなった場合の相続だけです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー恋愛・結婚教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ