• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人間ドック、予防接種、不妊治療 医療費控除の対象は

2018年2月19日

医療費控除が使えるもの、使えないもの 知っておくと損なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2月に入ると「確定申告」という文字が目に入ってくるようになります。確定申告の中でも最も有名な控除が「医療費控除」でしょう。そこで2回にわたり、医療費控除の対象になるもの、ならないものと、制度の改正点についてお伝えします。

医療費控除の対象になる? ならない? クイズ

 では、早速クイズです。次のうち、医療費控除の対象になるものはどれでしょう?

【1】ドラッグストアで買った市販薬の領収書
【2】ドラッグストアで買ったサプリメントの領収書
【3】電車で通院したけれど、領収書がない電車代
【4】車で通院したときの病院の駐車場の領収書
【5】異常が見つかった人間ドック代の領収書
【6】インフルエンザの予防接種の領収書
【7】入院時に病院で出た食事代の領収書
【8】近視のコンタクトレンズの領収書

医療費控除に対象になるものは、どれでしょう? (C) PIXTA

 ヒントは、医療費控除の対象になるものは、全部で4つあります。分かりましたか? 医療費控除の対象となるものは、奇数番号のものです。一つずつ解説していきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
前野彩
前野彩(まえの・あや)
Cras代表取締役。FPオフィス will代表。大阪在住のファイナンシャルプランナー。中学・高校の保健室の先生から、結婚、退職、住宅購入、加入保険会社の破たんを経て転身。働く女性や子育て世帯が、お金の安心と可能性を実感できる「知れば得トク、知らなきゃソンするお金の知恵」を伝える。講演やテレビでも活躍。新著に『本気で家計を変えたいあなたへ〈第2版〉 書き込む“お金のワークブック”』(日本経済新聞出版社)。
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ