• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アラサー世代の転職指南塾

第二新卒の転職 面接は戦略的に 新卒との違いは?

2016年11月21日

入社1年で未経験の職種に転職 希望が叶った翔子さんの場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

自分はどんな仕事に向いているのか、どんな働き方をしたいのかは、働く中で見えてくるということもあります。入社してすぐに「私がやりたかった仕事はこれじゃない。この会社は私に合っていないのかもしれない」などと気づいてしまうことも。とはいえ、実際は「新卒入社して1年も経たずに転職するなんて、長続きしない人だと思われそう」と、転職を躊躇する人も多いのでは。今回は新卒入社1年目に転職活動をした第二新卒転職ストーリーをお届けします(後編)。


エージェントを利用するときの翔子さんの工夫

 入社半年の翔子さんは、エージェントを利用して転職活動を行う際に、気をつけていたことがありました。それは、「エージェントに行くときから面接が始まっている、という気持ちで臨む」ということです。

エージェントに行くときから選考は始まっている (C)PIXTA

 人材サービスの営業をしていた経験から、「エージェントからの評価も大切」と考え、身だしなみもきちんと整え、気を抜くことなくエージェントでの面談に臨んだのだそうです。

 また、求人情報についてもあらかじめよく調べておき、希望に近い求人情報を社名を挙げて、伝えるようにしていたそうです。

「やはり具体的な会社名や職種名を挙げると、イメージが伝わりやすいと思います」

 そして、転職活動で受けた面接で、翔子さんは新卒での就職活動の面接との違いを感じます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ