「ステップアップして、もっとやりがいのある仕事をしたい」「将来を考えて子育てと両立しやすい会社に転職したい」「このままじゃいけないと思うから転職したいけど、給料が下がるのは嫌……」。今の仕事に対してモヤモヤしているけど、一歩が踏み出せない。隣で一歩踏み出した人がまぶしく映る。そんな悩めるアラサー読者たちのために、10万部超えのベストセラー「転職の思考法」著者の北野唯我さんが「アラサー女性に向けた転職の思考法」を特別指導。転職への迷いや焦りをスッキリ解決していきましょう。

足りないのは、「思考法」だけなのかもしれない

「自分らしいキャリアは、思考法で見つけられます」(北野唯我さん)

 「転職したいけど、一歩が踏み出せない」――私のもとには、そうした相談やメッセージが日々寄せられます。

 なんとなく転職エージェントに登録してみたものの、なかなか「私にぴったりの会社」「私にぴったりの仕事」に出合うことはなく、「このまま今の会社にいていいのかな……」とモヤモヤしながら日々が過ぎていく……。

 「転職」は、誰にとっても大きな問題です。「自分の職業人生をどう設計していくか」「どうやって一生食べていくか」という、自分の人生を大きく左右する重要な決断なのですから、納得のいく決断をしたい、と悩むのは当然のことです。しかし、そうした人たちによくよく話を聞いてみると、そもそもキャリアをどう考えていけばいいのか、自分の市場価値をどう見極めればいいのか、何を基準に会社選びをすればいいのかが「分からない……」といった段階でストップしているケースが意外と多いのです。

 もしかしたら、「転職したいけど、一歩が踏み出せない」人たちに足りないのは、「転職情報」ではなく、「転職」さらには「自分のキャリア」をどう考えていけばいいのかという「思考の方法」ではないか。そう思い至り、書き始めたのが「転職の思考法」という本でした。

 この本の主人公は男性なので、男性向けの本だと思われていますが、女性にこそぜひ読んでいただきたい、と思って書いたところがあります。というのも、さまざまな女性から寄せられる転職やキャリアに関する相談が、本を書くきっかけにつながっているところがあるからです。

 私は今、新卒向けの就活サイトを運営していることもあり、就活生から相談を受けることもよくあります。特に女子学生から受ける相談で多いのが、「仕事もバリバリ頑張りたいけど、結婚して子どもも産みたいと思っている。男女関係なくバリバリ働けて専門性も身に付きそうなA社と、仕事はある程度ルーティン的なものになるものの、子育て支援など福利厚生が整っていて安定して働けそうなB社、どちらも内定が出ている。新卒入社するならどちらがいいでしょうか?」といった相談です。