• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小西美穂 仕事で「いつでも手を挙げられる人」の極意

2018年7月31日

不遇でもチャンスをつかむ方法 「手ぶら」で異動しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 自分にとって大きなチャンスが巡ってきたとき、周りにも認めてもらえる成果を出そうとモチベーションが高まるもの。「news every.」に出演中の日本テレビ解説委員の小西美穂さんも、大きなチャンスを前に、思い通りにいかなくても諦めず何度も奮起したことが今のキャリアにつながっているという。前回の記事「私にしかできない仕事を探してベッカム人気火付け役に」に続き、不遇の中でがむしゃらにチャンスをつかんだエピソードを聞いた。

小西さんはいつもチャンスに恵まれていた、というわけではありません

――小西さんは、32歳で当時、所属していた読売テレビで女性初となるロンドン支局赴任が決まった時が、大きなチャンスが巡ってきたタイミングですよね。

 はい。ずっと憧れで目標だった海外特派員に選ばれた時は、まるで夢がかなったような高揚感がありました。一瞬、女性としての生き方とてんびんに掛けて迷う気持ちもよぎりましたが(「小西美穂『仕事にガツガツ挑戦する人生も悪くない』」)、自分の心の声に正直になって、ロンドンへと飛び立ったんです。ですから、特派員時代の3年間は私のキャリアにとって宝物のような期間で、感謝しかありません。

 ただ、実際に行ってみるとなかなかチャンスが巡ってこなくて。前回「私にしかできない仕事を探してベッカム人気火付け役に」でもお話しした通り、報道記者の海外特派員の花形の仕事といえば、やはり国際情勢を左右するビッグニュースを最前線から伝えることです。でも、私にはなかなかその出番が来ず、もし運よく回ってきたとしても、1番手・2番手の記者が徹底的に取材をした後になる。私の実力不足からくるものですが、悔しさを噛みしめていました。

――憧れの仕事でやる気に満ちていたのに、実際行ってみると、なかなかチャンスに恵まれず成果が出せなかったんですね。

 そうなんです。私が赴任したのは2001年8月。その翌月には、世界中を震撼させた同時多発テロが起きました。

第一線に行きたいのに行けない「お留守番」時代

 その日、私は日本国内で発生して注目されていたBSE(牛海綿状脳症)問題の取材のため、ベルギーまで日帰り出張していました。EUの取材を終え、現地カメラマンのサイモンと遅めのランチを食べようとしていた頃、突然、携帯電話が鳴りました。着信は支局長から。電話を取ると、「大変なことが起きたから、今すぐ戻って!」と尋常じゃない声が聞こえてきました。

 急いで荷物をまとめユーロスターに乗り込もうとした時、再び、電話が鳴り、「サイモンはそのままパリ経由でワシントンに向かわせてくれ」と連絡が。私は彼の荷物を預かり、手持ちの現金を渡して「気を付けて!」と見送りました。

 私が戻った直後に支局長もワシントンに飛び、私一人がロンドンに残ることになりました。もちろん、イギリスのブレア首相やNATO(北大西洋条約機構)の動向を伝えるという役割を仰せつかってのことですが、ヨーロッパ中の特派員が目まぐるしく動く様子が伝わってくる中、私一人「お留守番」をしているような、なんとも寂しい気持ちになったのを覚えています。

 そのうち、支局長が休息のために現地から戻りますが、バトンタッチで行くのも私ではない。諦めず「私も行けます。行かせてください」と本社に伝え続けましたが、とうとう私が同時多発テロの現地取材に行かせてもらえることはありませんでした。

 今振り返ると、十分に大事な役割を担わせてもらっているじゃない、と思うのですが、やはり「トップニュースに絡みたい。自分の目で見て、激動の瞬間を伝えたい」というのは記者という職業のさがでしょうね。

――赴任1年目からそういうくすぶり感を抱きながら、3年間の特派員経験が「宝物」になったと言える理由は?

 前回お話しした、ベッカムを取材したエピソードもその一つです。9・11以降は「順番が回ってこないストレス」にしばらく悩みましたが、赴任直後は初日から特派員生活を楽しめていたと思います。

 というのは、私は「新しい場所」に身を置く自分のために、それなりに準備をしていったんです。特派員というとちょっと特別な職業に思われるかもしれませんが、どんな業種でも「異動」はありますよね? 異動直後は「早く成果を出さないとな」と焦ることも多いですし、周りも「あの人、異動先でどこまで活躍できるかな」と注目するじゃないですか。

 だからこそ、安心してスタートダッシュを切れる準備が大事だなと思ったんです。

――具体的にどんな準備を?

 私の場合のうまくいった体験談を話しますね。憧れのロンドン赴任が決まった時、私はまず、行ってすぐにどんな働きをしたら、皆に喜んでもらえるかを考えてみました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小西美穂
小西美穂(こにし・みほ)
日本テレビ解説委員・キャスター。1969年生まれ。読売テレビに入社し、大阪で社会部記者を経験後、2001年からロンドン特派員に。帰国後、政治部記者を経て日本テレビ入社。BS日テレ「深層NEWS」ではメインキャスターを約3年半務め、現在は報道番組「news every.」でニュースを分かりやすく解説。関西出身の親しみやすい人柄で支持を集める。著書に「3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。インスタアカウントはmihokonishi69
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ