• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小西美穂 数値化できない貢献でもチームに必要な人

2018年5月15日

ラクロスで学んだ 温度差が生まれたチームに大事なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夕方放送の「news every.」に出演中の日本テレビ解説委員兼キャスターの小西美穂さんは、関西弁を交えて語る柔らかな人当たりと、ツボを押さえた信頼感のあるコメント力で、初対面でも信頼関係をつくってしまうコミュニケーションの名手だ。

 小西さんは学生時代に、日本に上陸したばかりで無名のスポーツだったラクロスを関西の大学に普及するため、たった一人の活動から体当たりで粘り強い運動を続け、見事にそのカルチャーを根付かせた。その功績から「ラクロス界のレジェンド」と呼ばれている。当時やってきたことはすべて今の仕事に生きていると振り返る小西さんに、ゼロからプロジェクトを生み出しチームをつくっていく極意を聞いた。

「私の原点はラクロスです」

――現在は競技人口が男女合わせて1万7000人を超えるそうですが、ブレークスルーとなった転機はなんだったのでしょうか?

 私がラクロスに出合って4カ月後の9月に、世界女子ラクロス協会から7人のコーチ団が来日したことです。日本への普及が目的で、本格的な指導者を送り込んだんですね。関西にはカナダ人とイギリス人のコーチが二人、来てくれました。

 本場の指導を受けられるチャンスはめったにないと、3大学合わせて25人の選手全員が合宿に参加して、基礎からテクニックを教わりました。それまで試合すらしたことがありませんでしたが、合宿最終日には紅白戦で締めくくり。コーチから「グッジョブ!」と褒めてもらえた瞬間、全員がグラウンドに立ったままボロボロと泣いていました。

 それまで「ラクロスやって、本当に楽しいの?」と半信半疑だったメンバーも、ほとんど練習に参加したことがなかったメンバーも一緒になって、全員の胸に「ラクロスの灯」がともった瞬間でした。

メンバー全員に「ラクロスの灯」がともった日。前列一番右が小西さん (小西さん提供)

 この後、順調にメンバーも増えて、大学対抗のリーグ戦を開催できるほどの規模へと発展していったんです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小西美穂
小西美穂(こにし・みほ)
日本テレビ解説委員・キャスター。1969年生まれ。読売テレビに入社し、大阪で社会部記者を経験後、2001年からロンドン特派員に。帰国後、政治部記者を経て日本テレビ入社。BS日テレ「深層NEWS」ではメインキャスターを約3年半務め、現在は報道番組「news every.」でニュースを分かりやすく解説。関西出身の親しみやすい人柄で支持を集める。著書に「3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。インスタアカウントはmihokonishi69
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術働き方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ