過ごしやすい天候が続く秋は、気持ちもすがすがしく気分も爽やか。せっかくの休日は家でゴロゴロしないでお出掛けして、気分をリフレッシュしてみませんか? 1日で巡れる銀座の文具店おすすめコースを、前後編に分けてご紹介いたします。

 第44回の「胸きゅんステーショナリー」は、1年ぶりに「フムフムすてき文具店さんぽ」が帰ってきました! 昨年は中央線沿線のすてきな文具店をご紹介しましたが、今年は歴史と流行が融合した銀座にあるオシャレですてきな文具店にお邪魔して話を伺いました。前編である今回は、文房具専門店の「銀座・伊東屋」の魅力をたっぷりご紹介します。

※各店舗の問い合わせ先は文末に記載しています。



銀座の文房具専門店「銀座・伊東屋」

 今回の「フムフムすてき文具店さんぽ」は、赤いクリップが目印の「銀座・伊東屋」からスタート! 明治37年創業の文房具専門店「銀座・伊東屋」は、2013年に建て替え工事のため一部閉店。2015年6月16日にリニューアルオープンしました。

赤いクリップが目印

 ネットやコンビニなど、文具を買う場所を選ばなくなった昨今。「買う場所から過ごす場所へ」というコンセプトを定め、文具をただ買うだけではなく、ゆっくり買い物をしながら食事をしたり1日中気持ちよく過ごせる場所に生まれ変わりました。

その場で搾りたての味が楽しめます

 「G.Itoya」は全12フロア。気軽に食事も取れるよう12階にはカフェレストラン、1階にはレモネードがメインのドリンクスタンドがあります。メニューも自社開発を行っており、季節に合わせた味が楽しめます。レモネードは酸味が心地よく、さっぱりとした後味がとても爽やか。こちらで購入したドリンクは、店内で飲みながら買い物を楽しむことができますよ。

 ではまず、「G.Itoya」からご紹介しましょう。全13フロアの中から、気になる二つのフロアをご紹介します。