• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結果を出す「営業女子」大解剖

人見知り営業の仕事術 SEから転職で年収100万増(3/3)

2018年4月17日

「社交的でなくても営業はできます!」話し下手のメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

自分らしく働く選択を! 私たちの世代が変えていく

――契約を取りやすくするために心掛けていることや、攻め際や引き際を見極めるポイントなどがあれば教えてください。

 「既存顧客の場合には、ご依頼いただいた開発案件の優先度や、依頼元の部署、役職者を巻き込んでの依頼かどうかを確認し、『顧客の温度感』を把握するようにしています。権限のある方や、他部署への影響力が大きい部署からの依頼であれば、予算を多少超える場合でも契約していただけることが多いです。

 一方、新規顧客の場合は、興味があっても『予算感』に左右されることが多いので、先方の相談に応じられる姿勢を取ったり、顧客が一番欲しいというポイントを見極めて攻めるようにしています。その上で反応がイマイチであれば、それが引き際のサイン。『温度感と予算感』を推し量りながら、攻め際と引き際を判断しています」

――営業はこのまま「続けたい」「続けられる」と思いますか?

 「以前は、結婚したら今の仕事は辞めて、事務職に転職したいと思っていました。しかし、『今はこのまま営業を続けることもアリかな』と思っています。

 とはいえ、家庭を持った後も仕事を続けるには、会社や周りの協力が必要です。今の会社は、周りが独身男性だけで、女性の先輩営業がいない状態なので、将来像を描きにくいという課題はあります。まだ結婚の予定はないので、取りあえずは『やってみてダメなら考えよう』のスタンスで、このまま営業を続けていく予定です。

 今は、結婚している人もしていない人も、自分らしく働く選択ができるようになっていると思います。こうやって男性も女性も少しずつ意識が変わっていけば、自然と働き方も変わってくるはず。むしろ、私たちの世代が変えていかなければならないと思っています。いきなり制度を変えることは難しいと思うので、できることから少しずつ。ちょっとした気遣いや時に人に頼ることが当たり前の世の中になっていくと、もっとラクに働き続けられる社会になると思うんですけどね!」

【MYパンプス】
・雨や雪の日など、悪天候の場合は「レインブーツ」で移動。クライアントを訪問する直前で「パンプス」に履き替えます。
【MY営業ファッション】
・お気に入りは「ROPE」。きちんとした印象のジャケットを選びます。

文/青野梢 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術就職・転職働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ