• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結果を出す「営業女子」大解剖

「わたしはなぜ営業を選んだか」営業女子136人の声

2018年2月14日

自ら営業を選んだ女性たち キャリアに積極的・意欲的な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「営業職」に就いている女性は、どんな仕事をしているのでしょうか。また、なぜ営業という仕事を選んだのでしょうか。具体的に掘り下げて、生の声をお伝えします。

【アンケート概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2017年12月19日~2018年1月21日
◎有効回答数:330人(うち、営業経験のある女性は136人)

私たち「自ら営業職を選びました!」 (C) PIXTA

 まずは営業職として扱っている商材と、普段接している顧客のタイプを聞きました。

営業といっても商材も顧客もいろいろ 最も多いのは?

Q.あなたが営業職として扱っている(扱ってきた)商材と普段接している(してきた)顧客のタイプは次のどれですか。(複数選択可)

 トップ3は多いほうから「無形・法人営業・中小企業」(30.9%)、「有形・法人営業・中小企業」(29.4%)、「有形・法人営業・大企業」(24.3%)でした。さらに4位「無形・法人営業・大企業」(22.8%)、5位「無形・個人向け営業」(22.1%)と続きました。

 今回のアンケートに答えてくれた営業女性は、「大企業や中小企業を対象として、無形・有形の営業をしている」人が多いことが分かりました。

営業スタイルは「ルート営業」と「新規開拓営業・企画営業」が4割ずつ

 では、どんな営業スタイルなのか質問しました。すると「ルート営業」と「新規開拓営業・企画営業」がともに4割ほどで、全体の8割を占めています。意欲的に外回りをする営業女子の姿が浮かび上がってきました。

Q.あなたの営業スタイルはどれにあてはまりますか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術就職・転職働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ