• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

心の“コリ”は、どこから来るの?

2016年2月12日

ネガティブ感情は「クセ」になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

心の疲れを放置したままだと肩や首のコリのごとく、心の中に根強い“コリ”が生じてしまいます。ネガティブ感情のスパイラルに陥る前に早めのリセットを心がけましょう!

感情の揺れは自然なもの気負わず上手に付き合おう

 「以前より、坐禅に訪れる30〜40代の女性が目立ちます。ストレスを抱えて苦しむ人が増えているのだと思います」と話すのは、禅僧で神奈川県横浜市にある建功寺住職の枡野俊明さん。職場で無理に感情を抑え込むことで消耗したり、将来不安が大きかったり。心の疲れを手放せずに抱え込んでしまいがちだ。

 「ストレスを受けて感情が揺れるのは自然なこと。生きている証拠です」と枡野さん。ネガティブな感情は、受け流したり手放したりできれば“増殖”することはない。しかし、ためこむと、次第に心に焼き付いてしまい、疲れを通り越して、心の“コリ”となってしまう。この心のコリが、「イライラして人に当たる」「いつも不安を抱えている」といった、人それぞれの“疲れグセ”となって表に出てくる。

 心理学博士の山口まみさんは「ネガティブな感情が朝になっても消えないのは、疲れが“コリ化”している証拠」と話す。

 どうすればネガティブな感情を上手に解消できるのか。山口さんは「嫌な感情から目を背けないこと」と説く。

 例えば「怒り」。「不当に扱われたと感じると、怒りが湧くのは自然なこと。『怒り』のおかげで問題に気づき、対策を講じることができるのです」(山口さん)。当然、怒りを人にぶつけるのは、正しい解消法ではない。まずは怒りの正体を知り、受け止めること。「なぜ、自分は怒っているか」を紙に書き出したり、声に出してみたりするといい。「さらに、怒ることのメリットとデメリットを挙げる。感情を客観的に見られて、それだけでも、凝り固まった感情が緩むはずです」(山口さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術マネー暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ