• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もうリバウンドしない 確実に痩せる3つのポイント

2018年11月8日

食べる順番を変える簡単ダイエットから、たっぷりご飯を食べる方法まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 糖質も脂質も適度にとってキレイにやせるための、3つのポイントをご紹介します。食べる順を変えるだけの超カンタンなダイエットから、たっぷりご飯を食べる方法まで。ぜひ挑戦してみましょう。

キレイにやせるために

 ガマンせず、キレイにやせるためには、ご飯はしっかりと食べよう。そして、隠れ糖質には注意しつつ、血糖値が乱高下しない食べ方を心がけること。

 リバウンドをしないようにやせるためには、糖質は減らしすぎないこと。「1日に最低でも150〜180g程度の糖質をとることを薦める」と灰本クリニックの灰本元院長。これは、ご飯であれば1食に軽めにお茶碗1杯は食べられる量だ。より積極的にダイエットしたいのであれば、ご飯は心もち少なめ、120g程度に抑える。ご飯を中心に食事を組み立て、おかずで野菜やたんぱく質、良質な油などをしっかりとろう。満腹感が得られる食事をすることで、間食も減らしやすい。

 そして、食べる順番や飲み物を変えることで、血糖値の上昇をゆるやかに保てば、太りにくい体質に近づく。

 さらに“隠れ糖質”に注意しよう。食事でご飯やパンを抜いたからと油断し、「糖質の多い清涼飲料水やお菓子を間食でとって、結果、糖質を減らせていないケースも多い」(肥満外来専門の渋谷DSクリニックの林博之院長)。

 どうしても短期間で減量したいなら、糖質量を抑えるだけでなく、「筋トレなどの運動を加えることで、キレイに無理なくやせられます」(トレーナーの森拓郎さん)。

1. 糖質の一気食べをやめる

うどん+ご飯、パスタ+パンなど、糖質が多い食事を一度に食べる「一気食い」は、血糖値を乱高下させる原因に。1日分の糖質は1食にまとめてとるのではなく、3食に分けて食べるのが基本。そのうえで、血糖値の上昇をゆるやかにする食べ方や飲み物の工夫を。普段の食事に合わせやすい方法を選んで、取り入れてみよう。

糖質5分あとまわし

ご飯が主役の丼飯は血糖値が上がりやすい。丼飯を定食メニューに変えて、おかずから食べよう。

サワー野菜ジュース

食前に酢+野菜ジュースを飲もう。パスタランチに付いてくるサラダのノンオイルドレッシングは、糖質がたっぷり。実はパスタは脂質も多い。パスタランチ以外にも、丼とうどんの組み合わせや、ソバ、ラーメンにも。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ