• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダイエット効果アップ あずき水の簡単作り方レシピ

2017年9月14日

しっかりと煮出すほどダイエット効果がアップします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回「食前に飲むだけでOK あずき水ダイエット」では、あずきに含まれるポリフェノール効果で体脂肪をためにくくしたり、糖の吸収を抑える効果についてお伝えしました。今回は自宅でも簡単にできる“あずき水”の作り方とあずき水を作ったときに残るゆであずきの利用法をご紹介します。

 ポリフェノールたっぷりのあずき水を作るには「30分ほど煮出すといい。外皮に含まれるポリフェノールが溶け出す」と北海道立総合研究機構のあずき博士 加藤淳さん。さらに、「煮汁に浮いてくる泡には、むくみを防ぐサポニンが含まれる。取り除かずに飲むほうがいい」と説明する。

 鍋で煮るのが面倒という人は保温水筒で作れば簡単だ。ただし、「ポリフェノールがしっかり出るよう8時間以上待つこと」(加藤さん)。

 渋みが気になる場合は、あずきを最初にから煎りすると、甘みが増して飲みやすくなる。

あずき水の飲み方

■1日当たり大さじ5(50g)のあずきで作ったあずき水を飲もう
■朝昼晩、食事の前に飲もう

ダイエット成功の秘訣は1日にあずきポリフェノール150〜300mgをとること。これはあずき50〜100g分に相当する。また、「食前に飲むと最も効果を得やすい」と加藤さんは話す。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ