• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

毛穴が目立つ、透明感がない肌に 夜だけ「美容断食」

2018年8月16日

ゴワゴワだった肌→モチモチ肌になるとウワサの美容法 簡単3ステップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 夜だけ「美容断食」とは、夜の洗顔後は化粧水や乳液などを一切つけずに寝るというもの。30万人の肌を見てきたエステのプロが考案した美容法で、古い角質や老廃物の排出を促しながら肌を柔らかな状態にリセットできます。

 年々肌の水分が減ってごわごわになる肌。少しでもいい状態を保つために、さまざまなスキンケア化粧品を使っている人も多いだろう。特に、夜はクリームなどもつけて、たっぷり栄養を与えているのでは? しかし「肌がべったりと覆われた“肌肥満”の状態では、肌が怠けて、ターンオーバーが低下。肌が硬くなってくる」と美容家の宮本洋子さんは指摘する。

 「夜の洗顔後に油分を含むスキンケア化粧品をつけすぎると、毛穴が“フタ”をされ、汗や皮脂、老廃物などの排出が妨げられる。すると古い角質もはがれにくくなって、くすんだ肌に。肌が本来持っている自ら潤う力も発揮されないため、ごわつきやすく、シワの原因にもなる」(宮本さん)。

 そんな状態に心当たりがあれば、夜だけ「美容断食」がお薦めだ。洗顔後はホットタオルで温めるだけで、何もつけない。実際に試したところ、ホットタオルで肌のつっぱり感が和らぎ、数十分後にはしっとりする感じも得られた。「つっぱり感が強い部分は、その部分にだけ化粧水をつけて」(宮本さん)。翌朝は洗顔料で洗顔後、いつものスキンケアとメイクをしてOK。早ければ3日目で肌が明るくなるなど変化を実感できるそう。

「夜だけ美容断食」3ステップ

いつもどおりにメイクを落として洗顔したら、ホットタオルで顔の血流を促すのがポイント。最初はつっぱっても、肌本来の力がよみがえり、ふっくらしてくる。続けると次第につっぱり感が軽減する。

1.いつものクレンジングと洗顔

普段使っているクレンジング剤と洗顔料を使う。いつもどおりメイクを落として洗顔しよう。

2.ホットタオルで血流アップ

洗顔後、フェイスタオルを40〜42℃程度のお湯で濡らして絞ったものを顔にのせ、タオルが冷めるまで蒸す。首が凝っている人は、首も温めると顔への血流がアップして肌のターンオーバーがより促進される。

3.何もつけずに寝る

ホットタオルをした後は、化粧水や乳液などを一切つけない。しばらくしてもつっぱり感が収まらない場合は、つっぱる、かさつく部分にだけ化粧水をつけてOK。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ