• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

調味料として使うのが効果的な「濃い・塩トマト」

2016年8月18日

味のアクセントに。ひと味効かせたドレッシングにも最適

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

塩トマトには、塩分の違う「薄い・塩トマト」と「濃い・塩トマト」とがあります。今回は、「濃い・塩トマト」を使ったレシピを料理研究家の成沢正胡さんに教えてもらいました。

 みじん切りにして、5%の塩分を加える濃い塩トマトは、「半日は漬け込んで。水分が出て、塩とトマトがなじみます。野菜、肉、魚などどんな食材に合せても、塩トマトのうまみで料理全体がまとまります」と料理研究家の成沢正胡さん。

 そのまま冷や奴にのせたり、カルパッチョにのせたりするのもいいが、ヨーグルトやオイルと混ぜるだけで、いつもとひと味違うドレッシングに。

 「塩トマト入り豚肉のピカタ風」は、鶏胸肉や白身魚を使ってもOK。「火が通りやすいように薄切りにするのがポイント」(成沢さん)。

【1】塩トマトのドレッシング 【2】塩トマトのヨーグルトソース

サラダはもちろん卵料理、パスタにかけても
【1】塩トマトのドレッシング
全量・351kcal・塩分1.8g・調理時間5分

<材料>(作りやすい分量)
濃い塩トマト----------大さじ2
レモン汁----------大さじ1
オリーブオイル----------大さじ3

<作り方>
ボウルに材料をすべて入れてよく混ぜる。冷蔵庫で1~2日間保存できる。

ヨーグルトに混ぜるだけカルシウムもとれる
【2】塩トマトのヨーグルトソース
全量・74kcal・塩分1.5g・調理時間5分

<材料>(作りやすい分量)
濃い塩トマト----------大さじ1と1/2
ヨーグルト(無糖)----------100g

<作り方>
ボウルに材料をすべて入れてよく混ぜる。冷蔵庫で1~2日間保存できる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ