• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

100均グッズの収納術 失敗しない3種類の奥行き(2/3)

2017年8月14日

奥行き15センチ、20センチ、30センチの100均ワザ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
多くの商品には、サイズが記載されている。奥行きや幅をチェックしたい
モノの寸法は6種類に分類可能30cm以下なら100均で片づく

 日頃使用しているモノの寸法は、おおよそ下図の6パターンに分けられる。調味料や洗面用具のボトルは15cm、たたんだタオルや本は20cm、ほとんどの食器や洗剤類は30cmのスペースに収まる。40~70cmのかさばる衣類や寝具を除けば、たいていのモノは100均の収納アイテムを利用することで、きれいに片づけられる。モノの寸法を考慮しながら、収納グッズを選びたい。
日頃使用しているモノの寸法は、おおよそ6パターンに分けられる

注)100円均一ショップの商品は、店舗や在庫の状況によって購入できない場合もある

奥行き【15cm】の活用法

瓶、缶、チューブが2列に整列 調味料のストックをすっきり収納

 キッチンで使う調味料などは、実は15cmのボックスにうまく収まる場合が多い。下写真の「積み重ねボックスシリーズ」(ダイソー)は、大・小サイズが用意され、いずれも15cm幅。大きいボックスには、しょうゆや麺つゆなど、400~450mlのボトルが6本、きれいに収納できた。また小さいほうには食卓塩や小瓶が入った。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納暮らし方お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ