• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニット、ジャケット、布団…正しいアイテム別衣替え術

2017年5月1日

意外と間違えている防虫剤の置き方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」のキャリーのように見やすく、きれいに片づいたクローゼットは女性たちの憧れ。整理整頓されたクローゼットは通気性も良く、衣類にも快適な状態です。限られた収納スペースで役立つのが、アイテムごとの収納方法。「収納のプロ」である整理収納アドバイザーのすはらひろこさんがコツを教えてくれます!

丸める、立てる、まとめる「分かりやすい収納」を心掛けて

 春夏物に比べて、かさばりやすい秋冬物のアイテム。クローゼットや衣類ボックスにそのまま畳んで収納するよりも、形をそろえたり、便利グッズを使ったりするとスッキリ片づきます。

ニットやカーディガン、スカートの収納(圧縮編)

 厚手のニットは圧縮袋を使うと、かなりの枚数を一気に収納できます。圧縮袋にニットと脱酸素剤を入れ、掃除機で空気を吸い出せば、こんなにコンパクトに!

こんなにニットやセーターを入れても…(画像提供:エステー)
圧縮袋ですっきり!(画像提供:エステー)

 「このとき圧縮袋に入れるのは、防虫剤ではなく、圧縮袋専用の“脱酸素剤”。酸素がない状態にして、虫食いを防ぎます。防虫剤は空気に触れないと防虫成分が働かないため、圧縮袋内では効果が出ません」

ニットやストールなどの収納(丸める)

 ニットは袖を内側に折り畳み、さらに二つ折りにしたら、端からクルクルと丸めます。ストールも端から丸め、収納ボックスにイン。

くるくるして収納すると…
何が入っているのか一目瞭然

 「丸めて収納することで、畳みジワが付きにくくなりますし、見やすく、取り出しやすいという効果もあります。普通に畳んで収納する場合は、シワを防ぎたい服を一番上に置いて。一番下に置くと、衣類の重みでプレスされてしまいます」

冬小物はひとまとめに収納(洗濯ネット)

 ストールや手袋、冬物のタイツは洗濯ネットに入れ、ひとまとめにして収納を。

ストールやタイツ、手袋…衣替えするたびに居場所がバラバラに
洗濯ネットの中にひとまとめ

 「ストールや手袋、タイツなど使うシーズンが同じ小物類は、一緒に収納しておくと、『あれ、どこにしまったっけ?』という衣類の迷子を防げます。洗濯ネットは手に入りやすいですし、中が透けて確認しやすいので便利ですよ」

洗濯ネットなら通気性もいい

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
整理・収納ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ