• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

この人に聞きたい!

事務職OLからフリーライターや編集者になる方法

2016年7月22日

ネット編集者・中川淳一郎さんに聞くフリーランスのススメ【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ネットニュース編集者として、大きな注目を浴びる中川淳一郎さん。大学卒業後は博報堂に就職しながらも、4年でサラリーマン生活に見切りをつけ無職に。年収60万円からネットニュース編集の仕事を機に飛躍。今年5月末には『仕事に能力は関係ない。27歳無職からの大逆転仕事術』(KADOKAWA)を上梓。その怒涛の仕事人生と、事務職OLがフリーランスを目指す際の心得を伺った。

事務職OLでもフリーランスになれる

 専門職ではない、事務職の人がフリーランス(以下フリー)になるならば、オレはフリーライターや編集者が向いているのではないかと思う。というか、他の仕事は分からないので……。文章なんて誰でも書ける。オレは、全く経験もないのに雑誌のライターという仕事をもらって、フリーの人生を始めることができた。今では、会社にそのまま勤めていたらもらえただろう給料以上の収入がある。

 会社員の場合、収入には上限がある。それが、フリーであれば、うまくいけば予想外に年収が上がる。オレは、フリーになってからライターとして限界まで働いて3年目以降はだいたい年収700、800万円台を維持してきたんだけど、6年目に1700万円にはねあがった。ネットニュースの編集の仕事をするようになったのがきっかけだ。

 ライターや編集者になるのに、文章を書いたことがある、編集の仕事をしたことがあるといった経験は全くいらない。専門職の人でなくても、例えば半導体メーカーで事務をやっていた人ならば、業界関係のライターになれる。オレが半導体業界のライターをやろうと言ったって無理だけど、「○○社にいました」と言ったら、それだけで売りになる。分からないことは、勤めていた会社で詳しい人に教えてもらえばいい。

 オレは随分前の国政選挙でとある政党の仕事をしたんだけど、そうしたら政治に詳しい編集者ってことになってしまって。全然詳しくなんかないのに、それから次々と政治関連の仕事がきた。実績を作ればその後の仕事も来る。最初ははったりで仕事を受けちゃえばいいんだ。

 ネットニュース編集の仕事も、ネットのことなんて全然詳しくなかったけど、「雑誌編集の経験があるなら大丈夫ですよ」って仕事を依頼された。そのうち、ネットに詳しい人ということになってさ。あの人コラムも書けるらしいよ、なんてことになって、どんどん仕事が広がっていった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ