• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

子どもより仕事? 残業理由は「育児したくない」

2016年7月29日

「仕事のほうがずっと楽」~この“人に知られたくない感情”をどうすればいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「家事・育児に追われるよりも仕事をしているほうが楽……」と思い悩むワーキングマザー。ついつい残業をして帰宅を遅らせてしまうのだとか。健康社会学者の河合薫さんとアラサー独身OL代表・ニケさんが考えます。

あるあるカイシャ事件簿Vol.26
「仕事をしているほうが楽」

 私は5歳の子どもを持つ、ワーキングマザーです。
 半年前まで時短勤務をしていましたが、今はフルタイムで働いています。上司の承認さえあれば、自宅勤務も可能です。仕事と育児を両立するには、かなり恵まれた環境だと考えています。
 なので、本来であれば、こんな相談はするべきではないのかもしれません。でも、どうしても自分の気持ちをコントロールすることができないので、河合さんに相談に乗っていただきたいのです。
 それは、家に帰りたくないということです。子育てがイヤなわけではありません。私にとって夫や子どものいる家庭が、何よりも大切であることは紛れもない事実です。
 ただ、仕事をしているほうが楽なんです。やりがいもあります。夕方が近づくと憂うつになり、早く帰らなくてはならないのに、残業をしてしまうことも。家に帰ると育児以外にも、やらなくてはならない家事が山ほどあり、家のドアを開けた途端、息付く間もなく、追い立てられていくのがしんどいのです。
 私は母親失格なのでしょうか。罪悪感があり、夫にも子どもにも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 どうしたらこの感情をコントロールできるでしょうか? 河合さん、よろしくお願いします。
(正社員 36歳)

子育てはイヤではないけど、仕事しているほうがラク…… (C)PIXTA

カワイ そんなに自分を責めなくて、大丈夫よ。相談して、エラい! うん、よく頑張りましたね。

ニケ ええええ~っ! 薫さん、なぁに言ってるんですか! なぁにが「エラい」んですか! わざと残業しちゃうなんて。子どもがかわいそう……。

カワイ そうよね。本人が一番そのことを分かっているんじゃない。

ニケ え? ……。そっか。

カワイ だから、褒めたの。

 だって、こんな“ひどい”感情、絶対に人に知られたくない。自分がそんなことを考えているってことすら、気付きたくない。“気がつかないふり”をしたい感情ですよね。でも、彼女は逃げなかった。相談するのに、勇気がいただろうなぁって。

ニケ ふ~ん……。はい、薫さんの言ってることは、よ~く分かりました。でも、やっぱり仕事のほうが楽というのは、問題があると思います!

カワイ ニケさんは、母親失格だと思うわけね?

ニケ 失格……。……失格かどうかは……、いや、失格です! だって、これじゃオジさんと同じじゃないですか! 「家に帰ると家事手伝わされるから、帰りたくない!」って、うちの課長はいつも文句言ってますよ。まごまごしてると、「あなた、そんな決断力のなさで、よく仕事できてるわね!」って言われて、ショックで自信喪失するんですって(爆笑)。

カワイ 家事ハラね(笑)。きっとそういう旦那さんの残念な態度も、ワーママのストレスになっているんじゃない?

ニケ もうっ! 薫さんは、完全に相談者の味方だ~! 子どもはどうすりゃいいんですか? 1分でも早く子どもはお母さんに会いたいでしょ?自分のこと一番に考えてほしいでしょ?

カワイ そうね。彼女もそう思うから苦しい。子どもに、「ごめんね、ごめんね」っていつも謝っている。彼女だって子どもが一番なのよ。でも、感情が割れる。「仕事のほうが楽」という感情は、ワーキングマザーなら、誰もが一度は抱いたことがある感情なんじゃないでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「面倒くさい女たち」(中公新書ラクレ)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」。
関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ