• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「家庭持ち同僚のために残業?」独身実家暮らしの苦労

2018年6月25日

他人のために10打席3安打だけ打ってみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「働き方改革」といわれますが、早く帰ろうと頑張っても帰れないという読者からのお悩みです。独身で実家暮らしは楽と思われて、チームの家庭持ちの人をサポートしないと人事評価に響く、とストレスMAXの様子。健康社会学者の河合薫さんと、アラサー独身OL代表のニケさんのアドバイスは?

【Q】独身実家暮らし、家庭持ちよりたくさん仕事して当然なの?

あるあるカイシャ事件簿Vol.102「独身実家暮らしは楽してる?」
 「独身実家暮らしは楽してる、仕事を誰よりも多くやって当然」という職場の空気が時に苦痛になります。
 実家暮らしだって、家事の分担はそれなりに大変だし、家のメンテナンスとか、親類縁者との付き合いも必要。自分の裁量が大きい一人暮らしや既婚者より大変な面もあるのにと思いますが、ひがんでいると思われるのは絶対に嫌なので、口が裂けても言えません。
 自分が早く帰りたくて頑張っても、できた余裕はチーム内の「家庭持ち」の分を助けてあげることに回さないといけない。そうしないと「配慮のない人」に認定されて人事評価も下げられてしまうから「勇気を持って帰ろう」なんて絵空事です。上司にも同僚にも仕事内容にも恵まれている今の部署でこうなのだから、変な上司や同僚、過酷な仕事内容の部署に配属されたらきっとやっていけません。(33歳、公務員、独身)

自分が頑張っても、他人のために早く帰れないなんて… (C)PIXTA

【A】メリハリつけて働き、他人のために3割だけ協力をしてみよう

ニケ 荒れてますね。

カワイ ええ、とっても。

ニケ まだ異動になったわけじゃないのに。

カワイ 公務員だから2年くらいで異動があるという前提なんでしょう。

ニケ 気持ちはすっごい分かりますけど……。

カワイ ここまでネガティブになっちゃうと……ね。

ニケ でも「『勇気を持って帰ろう』は絵空事」には、ニケも一票です!

カワイ ってみんな言うし、私も「うんうん」って共感してきたけど……。

ニケ けど?

カワイ 「配慮のない人」に認定されて人事評価も下げられるって、ホントなのかしら?

ニケ 薫さん! 何言ってるんですかっ! 定時で帰るのってメチャクチャ難しいですぅ。ニケだって自分の仕事終わったら、さっさと帰りたいですけど、やっぱりお給料たくさん欲しいし、独身だとバリキャリじゃないとダメみたいな空気あるし、ニケだってニケだって~~~!

カワイ (笑)。地雷を踏んでしまったみたいですね。確かに「上司は残業する人ほど評価する」というのは「黒」!

ニケ ほら~っ!

カワイ 独立行政法人 労働政策研究・研修機構が2015年に実施した調査で、課長代理クラス以上の昇進のスピードと「残業」との関連を調べたところ、残業時間の多い人ほど出世する傾向が認められました(「労働時間管理と効率的な働き方に関する調査」結果および「労働時間や働き方のニーズに関する調査」結果より)。

ニケ やっぱり!!

カワイ 同期入社と比較して昇進が「早い」人は、昇進が「普通」ないし「遅い」人より1週間の実際の労働時間が長かったし、「1カ月の所定外労働時間」が45時間を超えた人で分析すると、昇進が「早い」人は 51.4%と、「普通」(42.2%)あるいは「遅い」(39.2%)人を上回っていました。

ニケ でしょでしょでしょ~~~!

カワイ でもね、残業してても昇進が遅い人が39.2%、つまり4割もいるのよ。

ニケ うっ、確かに。

カワイ それに、部下を持つ中間管理職の人に私がインタビューした限りでは、「部下を残業の長さで評価しています!」などと断言する人はひとりもいない。彼らがウソをついてるとも思えません。

ニケ ってことは?

カワイ できる人ほど仕事が集中し、残業が多くなっている可能性が高い。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「面倒くさい女たち」(中公新書ラクレ)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ