• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

見た目6割 自信なくても「印象がいい人」になる方法(3/3)

2018年3月12日

リーダーなのに頼りなさげ…貫禄は必要? 見かけを逆手に取れる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

求められるのは愛嬌

ニケ 確かに、愛嬌のある人は好かれますよね。

カワイ これは、「ハロー効果」と呼ばれる心の動きで説明できます。

 ハローとは、後光のこと。仏像の背中には、太陽の光を模したような円形の飾りが付いてるでしょ? 体から光を発している光背、あれと同じです。美人というだけで、すべてに光がともり、「ものすごくデキるんじゃないか」と周りは勝手に思ってしまうのです。

 つまり、「美人」というだけで期待値が上がる。ところがディスカッションを進めるうちに、「なんだ見た目ほどじゃないなぁ」とがっかりする。結果的に「×」を付けることになってしまうのよね。

ニケ へ~、そうなんだ~。あ、タカオの例はコレですね! イケメンだもん! うわぁ、すごい納得!

カワイ 愛嬌というのは、見た目の印象をアップさせる一つのキーワードです。

目のチカラで心の距離感を縮める

カワイ 視線をよく合わせる人は、それだけで人懐っこく感じるものです。相手の目をじっと見つめる必要はないけど、会話のふしぶしで確かめるように見つめると、相手は「話を聞いてくれている」と安心します。

 ホラ、政治家がスピーチの時にプロンプター(原稿映写機)を使うのは、そのためです。手元の原稿を棒読みするのも、プロンプターに映し出された原稿を読むのも、どちらも同じ「原稿を読んでいるだけ」の行為なんだけど、受け取る側の印象は全く違うの。プロンプターだと「私に向かって話してくれている」と、相手が好感を持つのです。

 いずれにしても、相手の話を聞くのも、自分が相手に話すのも、視線はとても大切な要素。相手の心の距離感を縮めるテクニックの一つです。

目力をアップして、相手の印象に残りやすくしよう (C) PIXTA

 相手が異性の場合、あまり見つめ過ぎると「なんだ俺に気があるのか?」なんて、勘違いされちゃうこともあるから気を付けてね。

ニケ 目力、ですね!

カワイ くれぐれもチラチラ見ないようにね。チラチラ見られると、相手は観察されているような気になります。また、相手の目を見つめたままずっとそらさないのも、威圧的な印象を与えてしまうので、注意したほうがいいと思いますよ。

ニケ ラジャーですっ!

カワイ 38歳グループリーダーさんも、「目力」と「即メール」で攻めてみて。それを繰り返すうちに、自分に自信が持てるようになり、見た目の印象も変わってきますから。頑張って!

ニケ ってことです! ニケも頑張ります~。

文/河合薫 写真/PIXTA

この連載は、毎週月曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【河合薫の「女性のリアル人生相談」】

【河合薫さんのFacebookページ】でも発信されています。
フォローすれば、記事公開のタイミングも分かりますよ!

※カイシャやオシゴトにまつわる悩みをお持ちの方は、ぜひ、【日経BP社お問い合わせフォーム】よりお寄せください。その際には、必ず「河合さん連載」と明記してください。こちらの連載を通じて河合さんに回答していただけるかもしれません。個別のお返事はしておりませんので、ご了承ください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「面倒くさい女たち」(中公新書ラクレ)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ