• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バリキャリの生涯独身―百合ちゃんに改めて共感した私

2018年1月15日

人生マップが描けないままアラフィフになっていそう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 働く女性から寄せられたお悩みに答えるこの連載。実は、読者の相談だけでなく、世の中に対する不平不満、つぶやき、ぼやきなども多く届きます。今回は、年末年始の人気ドラマ再放送についてのつぶやきがアラサー女性から届きました。どんなモヤモヤを抱えているのでしょうか。健康社会学者の河合薫さんと、アラサー独身OL代表のニケさんと共に、不満解消の糸口を探していきましょう。

【Q】アラフィフの自分の姿が描けない

今週の気になる話題Vol.2「私、第二の百合ちゃんになりそう」
 ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が再放送されました。どっぷりハマった2016年秋の興奮が再び訪れて、ムズキュンしっ放しでした。
 2016年ではみくりの一部始終が気になっていましたが、ふと冷静になると、今回は百合ちゃんに共感している自分がいました。「百合ちゃんみたいな道を歩むのも悪くないかな」という心境の変化に我ながら驚いています。
 女性活躍が叫ばれて、私もその渦中にいて、でもいまひとつ人生マップを描けておらず、「いつ結婚、いつ出産?」「昇進はそれより前? 後?」などと考えが堂々巡り。百合ちゃんのようにアラフィフ独身でいる自分がなんとなく想像できてしまいます。それでいいのかという思いもあります。(31歳、商社、広告宣伝、独身)
「バリキャリの生涯独身」――私、その道を行くかもしれません (C) PIXTA

【A】「女性活躍」にこだわらず「自分活躍」すればいい

カワイ 「女性活躍」って呪いの言葉ね。

ニケ はい。呪いです。もうやめてほしいです。

カワイ やめましょ。

ニケ そんなことできるんですか?

カワイ 自分のことを語るときには使わなければいいのよ。

ニケ は? 意味が分かりませ~ん。

カワイ 自分には関係ないと思えばよろし。「私には女性活躍なんて関係ありませ~ん!」って言い続ければいい。

ニケ えっ! そんなこと言って大丈夫ですか? 会社でそんなこと言えないです~!

カワイ 上司や会社に言うと「キャリア意識が低い!」だのなんだのと面倒臭いことになるから、決して他言はしない。心の中で言うの。「私は女性活躍ではなく、自分活躍。自分活躍でいく!」って、自分に言い聞かせるのよ。

ニケ なるほど、女性活躍じゃなく「自分活躍」! なんかワクワクしてきました! ……でも、やっぱり、気が付くと百合ちゃんのようなアラフィフになっていそう……。ううう……。

カワイ 百合ちゃんだけじゃなく、誰もが気が付くとアラフィフ。「あ~、こんな年になっちゃったじゃん!」って自分でもビックリして、ショックを受けるのは極めて一般的な現象です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「面倒くさい女たち」(中公新書ラクレ)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」。
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ