• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

都会の真ん中の「動物園」に、行ってみない?

2016年6月17日

全国の動物園で撮り下ろした動物たちに癒される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日経WOMANの表紙でもおなじみのカメラマン、舞山秀一さんは、普段、モデルさんや女優さんのポートレートを撮影していますが、ライフワークとして続けているのが「動物園」の撮影。舞山さんが語る、動物園の魅力とは?

 突然ですが、クイズです。青森県、奈良県、鳥取県、沖縄県。この中で、大型の動物園がない県はどれでしょう?

 その答えを自らの体験から教えてくれたのが、日経WOMANの表紙でもおなじみのカメラマン、舞山秀一さんです。普段はモデルさんや女優さんのポートレートを撮影する舞山さんがライフワークとして続けているのが「動物園」の撮影。シノゴ(4×5)と呼ばれる大判カメラをかついで、11年かけて全国46カ所の動物園を一人で回り、動物たちの姿を撮影し続けてきました。その集大成となる写真展、「ZOO Alive in the ZOO」が東京都渋谷区のギャラリー『tokyo arts gallery』で6月26日まで開催中です。

 お餅みたいに重なって見える2頭の白クマや、マンションの住人みたいになペンギンたち。動物たちのちょっと不思議でかわいい写真の背景には、舞山さんのとびきりのこだわりがありました。「動物たちは、写真を撮られるためにポーズを取ることもないし、シャッターチャンスは一瞬。撮りたい構図を事前に決めておき、そこに狙い通り動物がはまったときに、1度だけシャッターを押すルールにしています」と舞山さん。自らにあえて課した制約が、数々の傑作を生みました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方旅行・お出かけエンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ