• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

571人の働く女性が推す「最近涙した作品」、泣いてリフレッシュしませんか?

2016年2月1日

職場やプライベートで、ストレスをため込みがちな人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近、泣けるほど感動できる映画やドラマ、マンガに出合えていますか? 実は、涙を流すことは心のリセットにも良いんです。

 そこでウーマンオンライン読者に、最近泣けたドラマや映画、漫画や小説などの作品を調査。回答の多かったものをご紹介します。(◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施、有効回答数571人、2015年12月1日~2016年1月3日)

ときには泣いて、心をすっきり!

 泣くことで心のメンテナンスを図る、「涙活(るいかつ)」。

 涙を流すことによって、緊張やストレスに関係する交感神経から、脳がリラックスした状態の副交感神経へとスイッチが切り替わるのだとか。たくさん涙を流すほど、ストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意も改善することが研究結果があるそうです。日経ウーマンオンラインでも、何度か泣くことへの効果について、ご紹介しています。

◆涙を流すって気持ちいい! 日経ウーマンオンラインの関連記事
泣いてスッキリ?!「泣語」を聞いてみたら
心に効く! 働き女子を救う「涙活」って?

 泣くことは心のデトックスになるんですね。「泣ける作品」は、日々ストレスをためがちな働き女子にこそ必要です。次からは読者のコメントつきで「泣ける」作品を紹介。心がもやもやしたときの気分転換に、ぜひ参考にしてくださいね。

■命の尊さに涙! 毎回号泣しました

●ドラマ『コウノドリ

 読者の圧倒的支持を得ていたのが、産婦人科医療を描いたヒューマンドラマ『コウノドリ』です。綾野剛演じる産婦人科医が、新生児科医や救急救命医と協力しながら、出産の現場で奮闘する物語。「毎週見るたびに号泣した」という意見が少なくありませんでした。

 ドラマとしての放映は終わっていますが、原作のマンガを手に取ってみてもいいですね。DVDやブルーレイは2016年3月に発売予定です。

・妊婦さんの気持ちに感情移入して泣いてしまいました。(25歳)

・毎週欠かさず見て、毎週号泣していました。自分が妊婦ということを除いても、命の奇跡を描いてくれていて感動します。(29歳)

・毎回涙をさそわれます。母体か赤ちゃんかどちらかの命を迫るシーンや、女子学生が妊娠し、生まれた赤ちゃんがそのまま養子に連れて行かれるシーンは泣きました。妊娠に対して、年の割には興味のなかった私ですが、このドラマを通して真面目に考えるようになりました。命って尊いなぁ~と涙。(30歳)

・感動。出産に「絶対」はないんだなーと実感しました。(27歳)

・温かい気持ちになれます。(28歳)

・無条件に泣けてしまいます。普段ドラマなんて見ないのに、偶然見たドラマがコウノドリです。泣いています。週末デトックス(涙活)しています。(30歳)

・中学生の母親が子供を産み、養子に出すために我が子とはすぐに離れなければならないシーンがあります。自分の出産時を思い出し、彼女の感情を想像したら悲しくて涙がこぼれました。また原作のマンガでも、患者である母親の子どもたち、つまり生まれてくる赤ちゃんの上の兄弟の、自分のことを見てほしいと思う気持ちや、入院した母親と離れて悲しい気持ちがリアルに描かれていて、ウルウルしちゃいます。(28歳)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ