• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

社会人1カ月で会社辞めていい? 小島慶子さんに相談

2018年5月18日

入社した会社が合わない……でもまだ社会人1カ月目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「そんなこと自分で考えろ!」と言われることは分かっている……。だけど、モヤモヤと考えてしまうささいなことを、小島慶子さんにぶつける本連載「小島慶子さんにこんなコト聞いちゃいました」。第4回となる今回は、「入社した会社が合わない」という新社会人ならではのお悩みについて聞きました。

Q.社会人1カ月目、入社した会社が早くも合わないです。辞めたらマズいでしょうか。

「私は新人研修の時、退屈で頭をグワングワン揺らしながら居眠りしてました」

 辞める辞めないの前に、大前提として「『ぴったり合う仕事』は存在しない」と思っておいたほうがいいですよ。

 どんな職に就いたとしても、「向いてないな」とか「もう辞めたい」みたいな気持ちを一切感じない仕事なんてこの世にはありません。なので入社1カ月、特にゴールデンウイーク明けのこの時期に気持ちがふさぐのはごくごく自然なこと。働くことは大なり小なり憂鬱なものだと、ある種の諦めは持ったほうがいいでしょうね。

 かく言う私もTBSにアナウンサーとして入社した直後、もう学生時代のような長期休暇を取ることはできないという現実をどうしても受け入れることができず、研修期間中にもかかわらず有休を取って伊豆にダイビングのライセンスを取りに行きました(笑)。今思えばよく会社も許してくれたなと思いますが、それくらい心が乱れていたんですねえ。

会社員でいることの「損と得」を計算し続けよ

 新人研修も退屈で頭をグワングワン揺らしながら居眠りしてましたし、既に毎日同じ場所へ同じ時間に通うことが苦痛で苦痛で、自分が会社員に向いていないことに5月には気が付いていました。

 それでも15年間会社に居続けたのは、高い給料に手厚い福利厚生、安心の終身雇用制度、有名になれる――などなど、これ以上条件のいい環境が他になかったから。だからもしあなたが割と恵まれた会社に入ることができたと少しでも感じているなら、やっぱりそれは大事にしたほうがいいと思いますよ。

 もちろん、どんな一流企業であっても、ハラスメントやいじめが横行しているような会社なら、今すぐに逃げてください! 心や体を壊す前に自分を守って。とにかく命を最優先してくださいね。たとえ1カ月で辞めても、就活を勝ち抜いて内定を得たという事実は、それなりに経歴として使えますから。

 で、そういったいわゆるブラック企業ではない場合どうか。取りあえずは会社にいることのメリットとデメリットを冷静に比較して、0.1でもプラスかプラマイゼロだったら、会社に残ってみてはどうでしょう。私もかなり鬱屈したサラリーマンでしたが、育児支援制度を子ども二人分きっちりと使い切り、挑戦したい仕事はすべて経験し、会社という仕組みを使って得られる利益を最大限活用してから辞めました。

 転職の際に、最初に入った会社を入社1カ月で辞めてしまった理由を相手に理解してもらえるように説明するのは、なかなか大変なこと。採用してもまたすぐ辞めそうだなあと、及び腰になる企業もあるでしょう。

 自分が入った会社の人事政策や財務状況、福利厚生やハラスメント対策、職場の人間関係といった多種多様な情報を、入社1カ月ではとても集め切れません。にもかかわらず早々に見切りをつけてしまったとなると、物をよく考えない人、もしくはこらえ性のないタイプと思われてしまうかも。

 もちろん、たった1カ月でそのすべてを調べて語れるだけの調査分析力、取材力があるのならむしろ逸材です。今すぐリサーチ会社でも作ってください。でもまあ、たいていの人はそんな超人ではないので、今言ったような情報を集めて、他の会社とも比べた上でじっくり検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小島慶子
小島慶子(こじま・けいこ)
タレント、エッセイスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。放送局アナウンサーとして15年間勤務の後、現在はタレント、エッセイストとして活動中。高1と中1の息子あり。現在は家族の拠点をオーストラリアに移し、自身は仕事で日豪往復の日々。著書に「るるらいらい 日豪往復出稼ぎ日記」(講談社)、「ホライズン」(文藝春秋)など。
ツイッター:@account_kkojima
関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩みコミュニケーション術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ