• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

6月26日(金)、27日(土)は
ベージュ アラン・デュカス 東京
「夏のコレクション」に予約!

2015年6月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 シャネル銀座ビルディングの10階にある「ベージュ アラン・デュカス 東京」。おしゃれをして出かけたい憧れのレストランですね。
 
 いつかは行きたい!と願っていても、タイミングがなかなか難しいもの。せっかくならやっぱり特別な日に楽しみたいですよね。
 
 そんな人にぴったりなのが6月26日(金)、27日(土)に開かれるコレクション・ベージュ「夏のコレクション」。職人の精緻な手仕事を組み合わせて作り上げる最高級ファッション、オートクチュールを料理の世界で実現する試みです。
 
 これは総料理長の小島 景氏が、生産者が手塩にかけた珠玉の食材を集めて、この会期だけのコースに仕立てるというもの。

 今回の「夏のコレクション」では魚介類にフォーカス。フランス・ブルターニュから取り寄せる最高級「オマール」をはじめ、日本各地の漁港から届く旬の「クロアワビ」「ウニ」「星カレイ」「キャビア」などの選び抜かれた食材が集まります。このほか沖縄の「マンゴー」とタヒチの最高級「バニラ」といった、夏を予感させるエキゾチックな食材を揃えたデザートも登場します。
 
「やっぱりオマール海老だね」「そう、オマール海老の引き締まった身にナイフをサクッと入れるのは、人生で最も喜ばしい瞬間だね」。小島氏は、フランスで10年以上仕事を共にした「ルイ・キャーンズ」(モナコ)のエグゼクティブシェフ、フランク・セルッティ氏と、電話でこんな会話を交わしたそうです。

 また魚介類といえば白ワインを合わせがちですが、オマールには意外にも赤ワインが合うといいます。実際、海岸から約10kmと海に近いボルドーでは魚介類を赤ワインとともに楽しむ習慣があるほか、イタリア版ブイヤベースのカチュッコという料理でも魚介類を赤ワインで煮込むとのことです。

 オマールには、小島氏が毎朝通う鎌倉の野菜市場で仕入れた、ほどよい大きさの新ジャガイモなどが組み合わせられます。

 15年間フランスに滞在した小島氏は、最初は料理のテクニックばかりに目が向いたが、結局は「人」なんだという思いに至ったといいます。やはり人と人とのつながりが大切で、よい出会いを生むには自分も日々成長を続けなければ、と痛感したそうです。

 今回の世界各地から取り寄せられる食材も、そうした人とのつながりからもたらされたもの。理想的な食材のために伝手を頼って探し求めたというものも少なくありません。
 
 ぜひ、コレクション・ベージュ「夏のコレクション」に参加して国内外の珠玉の食材を基にした素敵なコースを味わってはいかがでしょう。きっと、2015年初夏の忘れられない思い出になるはずです。 

価格:
・ランチ  お一人様2万円 《オプション》ワインペアリング1万円
・ディナー お一人様3万円 《オプション》ワインペアリング2万円
※いずれも税込み、サービス料別です
※6月27日(土)ディナーはダイナースクラブ会員限定です 

■ベージュ アラン・デュカス 東京
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10階
電話:03-5159-5500
URL:www.beige-tokyo.com

「『生産者の思い、ありがたさ』を料理で伝えます」と、総料理長の小島 景氏。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ