• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今、なぜPBLなのか?
物語コーポレーション×
大東文化大学

2014年12月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 PBL(Project-Based Learning)とは、「課題解決型学習」のことであり、座学(講義形式教育)と一線を画するものです。PBLは、少人数グループによる問題発見解決型(事例解決型、事業課題解決型)の学習方法です。グループ討議、活動記録の作成、自己学習、成果報告までを含む統合的・創造的な学習に主眼を置いている実践形式の学習方法で、学生が学習の主体であり、教員は学習を支援する立場になります。

 近年の高度化するグローバル社会に対応する教育の高度化のためには、今までのような一般教養・専門分野の系統的学習も大切ですが、一方で社会的にも問題解決が必要となっており、そのようにリアルな問題に対峙し、その解決過程に参画することで実践的思考を鍛える意義は、ますます高くなっていると言えます。

 PBLは、身近な問題や事例を素材としながら、具体的な問題解決に向けてチーム学習を行っていく学習メソッドです。その求められるテーマに対して、知識、汎用的スキル、態度を統合的に展開していくことに主眼を置く学習メソッドでもあります。

 私たちは、仮に本や講義で学んだ知識を持っていても、いざ問題を解決しようとしても、自分の知識・情報を問題解決に向けてすぐに統合・応用することは難しく、その有している知識や、不足している知識を補いながら、現実的な問題解決過程に参加し応用していくためには、一定の実践的なトレーニングが必要になります。

 今、PBL学習に期待されているのは、問題解決に向けた知識を統合的に展開していくことをはじめ、チーム内の相互作用の中で、相対的に学習していくことで他者から学ぶ思考を身につけたり、学習プロセスへ主体的・能動的に関わろうとする態度を涵養することにあると言えます。産学連携で、高度な人材の育成に向けて、産業界に入る前の高等教育の段階から、産業界での実務に資するような実践的な教育を実施することが重要であるとの声が高まっています。

 このような流れの中で、近年、大学などの高等教育機関において、産学連携による実践的な教育が積極的に展開されるようになり、実践的な教育を実現するための効果的な教育手法としてPBLが注目されているのです。

■物語コーポレーション http://www.monogatari.co.jp
■大東文化大学 http://www.daito.ac.jp

物語コーポレーション×大東文化大学

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ