• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

『ミリオンダラー・カルテット』
東京公演は9月17日(月)まで
「東急シアターオーブ」に急げ!

2012年9月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 まさにブロードウェイの魅力全開!というミュージカルが現在、渋谷ヒカリエの「東急シアターオーブ」で公演中。5日のスタート以来、ステージの最後は、いつも客席が総立ち。これまで多くの観客を魅了してきました。

 そのタイトルは『ミリオンダラー・カルテット』。ジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンス、そしてエルヴィス・プレスリーという4人のロックスターが主人公です。

「プレスリーって太っていて腰を振りながら歌う人でしょ」と思っている人は、きっと驚くにちがいありません。劇中ではもちろんスマート。不安を抱きつつも夢と希望に満ち溢れている等身大のプレスリーなのですから。

 そして、4人の中でプレスリーしか名前を聞いたことがない、という人も心配ありません。舞台は1956年。アメリカ・テネシー州の田舎町、メンフィス。現地のインディペンデントなレコード会社で人気が出始めたミュージシャンたちが、条件の整った大手レコード会社への移籍を考え出すという物語。もちろん彼らを発掘し、育て上げたプロデューサーは大反対。アーティスト達も「育ての親」に対して、後ろ髪を引かれる思いです。

 そう。これはいつの時代にも繰り返されてきた物語。より大きく羽ばたこうとしてきた人には、青春時代の中で似たような経験があるはずです。4人のスターが一堂に会した奇跡の一夜を描いた話ですが、その意味では私たちの物語ともいえます。

 例えば名プロデューサーのサム・フィリップスが無名時代のプレスリーに対して励ますように言ったセリフを聞けば、どんな世界でもコーチ役の人が果たす重要な役割が分かるのです。

 4人と名プロデューサーは互いに悩みを打ち明け、将来の夢を語ります。ライバルへの嫉妬も隠しません。こうしたやり取りを見ているうちに、絶妙なタイミングで歌と演奏が始まります。それはミュージカルというより、まるで上質なライブショーのよう。出演者たちが自らの演奏と歌で客席を魅了するのです。その演奏技術や音楽性、エンタテイメント性の高さにはきっと驚くはず。

 曲目も名曲揃い。しかもきちんと現代的なアレンジが施され、発表当時のみずみずしさを今に伝えています。その曲を聴いたことがない人でも十分に楽しめるような工夫が盛り込まれているのですね。

 2010年にブロードウェイで大ヒットを記録し、トニー賞を受賞した「ミリオンダラー・カルテット」。劇場で体験すれば、あなたもヒットの理由が分かるはず。これは東京・渋谷でブロードウェイミュージカルの真髄を目の当たりにできる貴重な機会。このチャンスに劇場に足を運んでみてはいかがでしょう。

■東急シアターオーブ http://theatre-orb.com/

このように出演者たちが自らの演奏と歌で客席を魅了します。Million Dollar Quartet Original Broadway Cast (Photo by Joan Marcus)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ