• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今日からお彼岸!【マンガで見る】意外と知らない「お彼岸」のマナー

2015年9月20日

「お彼岸」って何?「ぼたもち」と「おはぎ」の違いって?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
CHU/PIXTA

 今日からお彼岸。「お彼岸」は春と秋にあり、それぞれ、春分の日、秋分の日を挟んで前後3日間の期間(計7日間)です。今年は、今日、9月20日が「彼岸の入り」です。

 さて、「お彼岸って、言葉は知っているけど、そもそも何の日で、どんなことをする日なの?」という人も多いのでは。メモリアルアートの大野屋、仏事アドバイザーの川瀬由紀さんに、「お彼岸のマナー」について教えてもらいました。

――そもそも「お彼岸」とはなんでしょうか。

 お彼岸は、「あの世とこの世が近づく期間」と言われています。

 「彼岸」という言葉はサンスクリット語の「波羅密多(はらみった)」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である「此岸」(しがん)にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)※の修行をすることで「悟りの世界」、すなわち「彼岸」(ひがん)の境地へ到達することができると考えられたものです。
(※六波羅蜜とは、仏様の境涯に到るために実践する6つの項目のこと)

 太陽が真東から上がって、真西に沈み、昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をすることで、極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていました。

――「彼岸会(ひがんえ)」とは?参列するときのマナーは?

 寺院では「彼岸会」と呼ばれる法要が行われ、各家でもお墓参りやお仏壇にお供えをして、故人やご先祖様を供養します。

 彼岸会は、お寺で故人の供養をすると同時に「六波羅密」の教えを会得する大事な行事です。 この習慣は日本特有のものとも言われ、他の仏教国にはあまり見られない行事ですが、古来の民俗信仰とも深く結びついた「盂蘭盆会(うらぼんえ)」や「施餓鬼会(せがきえ)」と共に仏教の年中行事の中でも最も一般的に盛んに行われています。

 彼岸会に参列する場合、平服でかまいませんが、地味な色で失礼のない服装を心がけましょう。「御布施」「御供養」の表書きでお金を包みます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ