• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ザ・ペニンシュラ香港総支配人に聞く、女性の成功とキャリアアップの秘訣

2015年9月24日

ザ・ペニンシュラ香港総支配人 レイニー・チャンさんインタビュー【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ビジネスの成功者は、どのような道のりを辿り、どのような考えを持ってそこに到達したのか。香港を代表する伝統と格式あるホテル、ザ・ペニンシュラ香港の総支配人を務めるレイニー・チャンさんに、その華麗な道のりとキャリアアップの秘訣を伺いました。2日連続でお届けします。

レイニー・チャン
レイニー・チャン
ザ・ペニンシュラ香港総支配人兼
香港・タイ地区ヴァイスプレジデント
香港生まれ。1989年、ハワイのホテルのフロントデスクからホテリエとしてのキャリアをスタートさせ、94年にザ・ペニンシュラ香港に入社。00年に、ザ・ペニンシュラニューヨークにてレジデント・マネジャーに、翌年12月にはザ・ペニンシュラ香港のレジデント・マネジャーに就任。04年にザ・ペニンシュラバンコク総支配人に、07年にはザ・ペニンシュラ香港総支配人に着任した。10年より現職。

――ハワイでキャリアをスタートしたそうですが、ホテリエになろうと思ったきっかけを教えてください。

 89年にハワイに引越ししたのですが、現地で働こうとしたときに業界が2つしかなくて…。ひとつは販売業で、もうひとつがホテル業でした。販売業は私に向いていないと感じ、興味があったホテル業を選びました。実際に働いてみたら、幸運なことに自分にぴったりだったんです。以来、ホテルで働くことはただの仕事ではなく、生活の一部の楽しみとして私の中に根付き始めたんです。

――その後、94年にザ・ペニンシュラ香港へ入社されていますが、どのようないきさつだったのでしょうか?

 ハワイでの仕事はとても恵まれていたので、当時香港に帰るつもりはありませんでした。しかし、当時の上司から「ザ・ペニンシュラズホテルを運営する香港上海ホテルズ社のCOOが、香港のフロントオフィスマネジャーを探しているが、働く気はあるか?」と声をかけられ、「あのザ・ペニンシュラ香港なら!」と二つ返事で香港に戻ることを決めました。

――ちょうど97年の香港返還を挟んだ歴史的瞬間を、ザ・ペニンシュラ香港で勤務されていますよね。当時の雰囲気はどのようなものでしたか?

 香港返還を迎える少し前のちょうど私が入社した94年に、17~27階までの全10階に客室を備えたタワー塔が完成し、部屋数が約2倍になったことで、オペレーション部分での方針の変化がありました。返還という歴史的瞬間を感じるためにお越しになる方も多かったので、とても忙しかったのを覚えています。ただ、多くを学ぶ機会だったというのが一番の感想です。リーダーシップを執るいい機会でした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ