• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日常的なむくみ、もしかして「隠れ下肢静脈瘤」?

2015年9月7日

簡単なエクササイズや着圧ソックスの着用で予防できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
日常的にむくみを感じているひとのうち隠れ下肢静脈瘤の疑いがある割
日常的にむくみを感じているひとのうち隠れ下肢静脈瘤の疑いがある割
日常的にむくみを感じているひとのうち隠れ下肢静脈瘤の疑いがある割合(年代別)
日常的にむくみを感じているひとのうち隠れ下肢静脈瘤の疑いがある割合(年代別)
隠れ下肢静脈瘤と一般的なむくみの比較:むくみ度合い
隠れ下肢静脈瘤と一般的なむくみの比較:むくみ度合い
隠れ下肢静脈瘤と一般的なむくみの比較:隠れ下肢静脈瘤の3大症状
隠れ下肢静脈瘤と一般的なむくみの比較:隠れ下肢静脈瘤の3大症状

 ヘルスケア用品を手がけるピップは、「隠れ下肢静脈瘤」に関する実態調査の結果を発表した。下肢静脈瘤というと、年配の病気というイメージがあるが、むくみの自覚がある20―40歳代女性の6―7人に1人が隠れ下肢静脈瘤の疑いがあるという。

 調査は、都庁前血管外科・循環器内科の長江恒幸院長と共同で実施した。下肢静脈瘤は、脚の皮下の静脈が拡張したり屈曲したりして、コブのようになった状態を指す。脚の表層に血管が浮き出る症状だけでなく、皮膚表面には症状が出ないタイプもあり、このような見た目ではあまりわからない下肢の症状は「隠れ下肢静脈瘤」と呼ばれる。

 日常的にむくみを感じている20歳代から40歳代の女性1万2848人を対象に調べたところ、15.2%が隠れ下肢静脈瘤の疑いがあった。年代別では20歳代が16.4%、30歳代が14.9%、40歳代が14.4%と、若い年代の方がわずかながら割合が高い。

 隠れ下肢静脈瘤の人(隠れ下肢静脈瘤群)と、一般的なむくみを感じている人(一般的なむくみ群)それぞれ309人のむくみの度合いについて比較したところ、隠れ下肢静脈瘤群は「毎日むくみを感じている」が一般的なむくみ群の約1.5倍、「朝起きても脚のむくみがとれていない」が2倍だった。

 また、隠れ下肢静脈瘤群は一般的なむくみ群に比べて「下腿(ひざ下からの足首)の肌が突っ張って硬くなる」が約3倍、「足首のあたりがむくむ」が約2倍、「脚のかゆみを感じる」が8倍以上と、典型的な3大症状で大きな差が表れている。

 隠れ下肢静脈瘤を予防するには、筋肉などのポンプ機能を最大限活用してリンパの流れを改善し、できるだけ静脈の弁の負担を減らすことが重要になる。同調査は、下腿を中心とした簡単なエクササイズや、着圧ソックスの継続的な着用などを勧めている。

■関連情報
・ピップのWebサイト www.pip-club.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ