• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

佳子さまもご覧に? 「皇居」の知られざる真実! ~新種の植物発見!? 動物4000種!?

2015年9月14日

知らなかった! 皇居の奥まで入る方法って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 東京の真ん中に位置する皇居。実は、手つかずの自然が残る、貴重な場所なんです。――皇居にまつわる「知られざる真実」を、数々の皇室番組を担当してきた放送作家のつげのり子さんに教えていただきました。

■秘話その1
皇居の森は、東京の都心に手つかずのまま残された自然だった

 東京の真ん中に位置する皇居。隅々まで管理された場所のイメージもありますが、実は、あえて最低限の手しか加えずに、自然が残された場所なのです。

 ここでは、「皇居の自然を正確に把握することが大切」という天皇陛下の意向を踏まえ、国立科学博物館による調査が行われ、植物およそ1600種、動物およそ4000種が確認されました。そして昨年、新種の「フキアゲニリンソウ」が見つかったと発表されました。

「フキアゲニリンソウ」とは――キンポウゲ科イチリンソウ属の一種で、白い花は直径4cmほどで、通常のニリンソウの2倍の大きさ。「フキアゲ」とは、両陛下のお住まいが吹上御所であることなら命名された。両陛下も散策の際によく目にされており、新種と聞いて喜んでいらっしゃる様子だったという。(写真提供:国立科学博物館)

 動物についてもエピソードが。天皇陛下が皇居に出没するタヌキについて、学術論文をお書きになりました。雪の日には、皇居内にタヌキの足跡が確認されたこともあります。天皇陛下は魚類の学者でもあるが、専門分野以外の生物で論文を執筆するのはこれが初めて。

※写真はイメージ (C) PIXTA

 これまでの調査で、皇居には最低6匹のタヌキが生息していることが確認されています。陛下が加わったフンの採取などの結果、皇居内は緑が豊富なことから、残飯などに頼らず木の実や昆虫などを食べていることが分かったのです。

 また、以前、皇太子ご夫妻が飼っていた2匹の愛犬、ピッピとマリは、赤坂御用地に紛れ込んだ迷い犬でした。

 大都市・東京のど真ん中では、皇室によって、生命の営みが息づいているのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ