• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界で活躍する人の英語の学び方は、どこがあなたと違うのか

2015年8月28日

『世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ」著者石倉洋子さんインタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 フリーの通訳者からスタートし、ハーバードで経営学博士号(DBA)を取得、マッキンゼーを経て大学教授に。ダボス会議他、世界を舞台に活躍を続けている石倉洋子さんがこの夏、「世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ」を上梓した。石倉さんから、「世界で活躍する」人から学べる小さな心がけを教えていただいた。

石倉洋子さん
一橋大学名誉教授。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。現在、資生堂、日清食品ホールディングス、ライフネット生命保険、双日などで社外取締役を務める。世界経済フォーラムGlobal Agenda Council Future of Jobsメンバー。上智大学外国語学部英語学科卒業後、フリーの通訳などとして活躍。バージニア大学大学院にて経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院にて経営学博士(DBA)取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーでマネジャーを務めたのち、青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授を歴任。2010年より「石倉洋子のグローバルゼミ」、2013年より「ダボスの経験を東京で」など、世界の課題を英語で議論する「場」の実験を継続中。

英語で世界の可能性を取り込もう

 「海外や外資系企業で働くわけではないから、私は英語は必要ない」と思っている人もいるかもしれません。もちろん、英語に全く興味がないという人は、別に無理してやる必要はありません。ですが今の時代、英語をやらないことは、少しもったいないと思います。英語というのは現在、世界とつながる上で一番使い勝手のいい言語である上に、世界中で英語の情報量は日本語の情報量よりも圧倒的に多いからです。情報が大きな価値を持つこの時代に、英語の情報に触れることがないというのは、広大な庭が広がっているのに、ごくごく狭い箱庭で遊んでいるようなもの。世界にはおもしろいことがいっぱいあるのに、小さな箱庭だけしか知らないなんて、つまらないじゃないですか?

 今の時代、インターネットを駆使すれば、世界中からあらゆる情報を収集できます。外国に行かなくても、世界で起きていることは、英語のニュースやツイッター、ポッドキャストなどからいくらでも探すことができます。また、英語を使って個人として情報発信したり、世界中の人とやりとりすることもできるわけですから、家にいながらにして「世界で活動する」ことも不可能ではありません。英語を使うことで、世界中の可能性を取り込むことができる、そう考えたら、やった方がエキサイティングですよね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ