• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

見逃したらもったいない!「和牛万博2015」スタート。超人気店が大集合!

2015年8月20日

肉好き注目!直価格で極上のブランド和牛を味わえる「和牛万博2015」、20日から開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 和牛を思う存分食べられるグルメイベント「和牛万博2015」が、8月20日~8月30日に東京都新宿区の大久保公園で開催されます。牛肉の人気店10店が出展しており、産地の協力により産直価格で極上のブランド和牛を楽しめます。残暑を乗りきるために、ガッツリお肉を食べたいという方、必見です!

 そもそも「和牛」とは、明治時代以前から日本で育てられてきた肉専用種だそうです。和牛と呼べるのは「黒毛和牛」、「褐色和牛」、「日本短角牛」、「無角和種」の4品種とされており、他の品種に対し和牛を謳うことは禁止されています。通常の肉牛に比べて多くの手間と時間を費やして育てられた、柔らかな肉質、きめ細やかでジューシーな舌ざわり、豊かな香りを楽しめるのが魅力です。

 和牛ばかりを集めたのが今回のイベント。昨年も大人気だった、「ろっきー」、「肉山」に加え、今年初出店の「ポンド ステーキハウス」、「コソットSP」、「しょうろ苑」、「In Bosco×@meat」、「松坂牛」、「和牛好寄合所」、「大木屋」、「でですけ」計10店舗それぞれ自慢のメニューをかかげて出店します。支払いはチケット制。1枚300円のチケットを事前に購入して、メニューごとに設定された枚数を渡す仕組みです。

 各店自慢のメニューを紹介します。

◆ろっきー(新橋)

 九州秘伝の特製のタレにつけて炙った黒毛和牛「炭火焼しゃぶ(1500円)」は優しい醤油ベースのタレが食欲をそそる味で、ついご飯が欲しくなります。他にも「ピザ」や「肉うどん」が販売されます。

◆肉山(吉祥寺)

 予約が取れにくく、「行きたくても行けない」人気店。短角牛100%の赤身肉を使った「サルシッチャ(1本600円)」が販売されます。脂がジュワーっと出てて、こってりしているかと思いきや、赤色のタスマニア産マスタードをつけると、さっぱりと食べられます。

◆ポンド ステーキハウス(京都)

 30日じっくり熟成させ、肉のプロが豪快かつ丁寧に、強火で一気に焼き上げるので、肉質がやわらかいのが魅力。熟成黒毛和牛の「サイコロステーキ(1200円)」は絶品です。

◆コソットSP(六本木)

 最高級A5ランクのメス牛だけを使用した「サーロインの焼きしゃぶ丼(1500円)」は、きれいなサシが食欲をそそる一品です。ガッツリした見た目とは違い、あっさりしているので、女性でもペロリと食べられる1品です。

◆しょうろ苑(赤坂)

 専用冷蔵庫で熟成させた最高級A5ランク黒毛和牛は、関西~九州の黒毛和牛のみを買い付けしているのだそう。赤身肉だけを使用している「赤身牛串(1200円)」は、ヘルシーなのも嬉しいポイントです。タレは、柑橘系のフルーツを使っていて、コクがあって上品な味です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメエンタメ旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ