• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

進む無縁社会!「隣に住んでいる人を知らない」は○%も!

2015年7月27日

何かあったとき頼れるのは「友人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「あなたの家の隣に住んでいる人のことを知っていますか?」との問いに、「知らない」と答えた人は27.8%――。こんな調査結果を、オウチーノ総研(株式会社オウチーノ)が発表した。首都圏在住の20 歳以上 の未婚男女861人が対象。

 「隣に住んでいる人」と「頻繁に会う・話をする」という人はわずか4.8%、「時々会う・話をする」という人は10.0%、「会うと挨拶をする程度」という人は47.6%。「顔は知っているが、話したことはない」「知らない」が合わせて37.6%。年代別にみると、、20代が42.8%、30代が49.4%、40代が39.5%、50代が33.7%、60代以上が22.1%と、50代以降では少なくなるのは、「年配の方は、まだ昔ながらの近所付き合いをしている人が多いのかもしれない」としている。

 「自分に何かあったとき(トラブル、天災、病気など)、近くに頼れる人はいますか?」と聞いた結果は、「たくさんいる」3.9%、「何人かいる」33.8%で、「ほとんどいない」は18.1%、「全くいない」は44.2%と、62.3%が近くに頼れる人がいないことが分かった。

 「頼れる人」はどのような人かを尋ねたところ、「友人」が最も多く20.4%、次いで「隣人、近所の住人」が13.1%、「両親」12.5%、「兄弟・姉妹」11.0%、「親戚」が9.4%、「仕事関係、同僚」が5.5%、「恋人」2.5%と続いた。「友人」でも特に「地元の友人」という回答が多かった。

 「現代は『無縁社会』だと感じますか?」という質問には、、「とてもそう感じる」と回答した人が14.2%、「まあまあそう感じる」が32.9%と、半数近くが「無縁社会」と感じていた。

 そう感じる理由としては、「他人に干渉しない人、個人主義な人が増えたから」という声が最も多く、は「個人の生活を大切にしてきた結果だと思う」(47歳/男性)や「自分やごく親しい人以外に対して無関心な傾向があるから」(63歳/女性)、「ドライな関係が多くなっているから」(29歳/女性)などの話が寄せられた。「トラブルや事件・犯罪が多いから」という声も多く、は「犯罪も多く、知らない人はあまり信頼できない」(28歳/女性)、「個人情報が話題に出てきてから特にそう感じる」(24歳/女性)などの意見が挙がった。

*オウチーノ de ヨムーノ⇒こちら

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ