• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

社員のやる気と残業時間の関係は?

2015年7月17日

社員の士気が高いほど、残業時間が長くなる傾向が見られる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
社員の士気と月間平均残業時間の相関グラフ
社員の士気と月間平均残業時間の相関グラフ
ヒートアップ型企業ランキングTOP10
ヒートアップ型企業ランキングTOP10
メリハリ型企業ランキングTOP10
メリハリ型企業ランキングTOP10

 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、「社員の士気」と「月間平均残業時間」の関係性について調査した結果を発表した。それによると、社員の士気が高いほど、残業時間が長くなる傾向が見られるという。

 同調査は、Vorkersに投稿されたクチコミのデータをもとに、各企業の月間平均残業時間を5時間ごとにグループ分けし、各グループ内の社員の士気(5段階評価)の平均値をグラフ化した。残業100時間までは、士気の高さは緩やかな上昇線を示すが、100時間を境に急激に上昇する。

 その背景として、「月間100時間以上もの残業が求められる環境においては、より高い士気が必要とされる」もしくは「士気が高いがゆえに、残業時間が100時間を超える」といった状況が考えられる。

 また同調査では、分析データに基づき、残業100時間以上で士気が高い「ヒートアップ型企業」のランキングを作成した。1位は不動産業の「オープンハウス」で、士気が5段階評価中4.5と非常に高く、月間平均残業時間は146.7時間にのぼる。

 2位は「マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社」(士気4.36、残業120.8時間)、3位は「ドリームインキュベータ」(士気4.33、残業132.5時間)とコンサルティング業が続いた。ヒートアップ型企業ランキング上位10社のうち5社を、コンサルティング業が占めている。

 同時に発表した、残業40時間以下で士気が高い「メリハリ型企業」のランキングは、1位が「三井不動産」(士気4.20、残業28.9時間)、2位が「スターバックス コーヒー ジャパン」(士気4.10、残業31.4時間)、3位が「スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイル カンパニー」(士気4.00、残業26.3時間)となった。

■関連情報
・VorkersのWebサイト www.vorkers.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ