• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アイシャドウで印象アップ! もっと可愛くなれる目元の作り方

2015年7月28日

キレイなグラデーションで素敵な目元を作る簡単レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ここでは、美容のプロが情報を発信するWebサイト「AUTHORs JAPAN BEAUTY(オーサーズジャパンビューティー)」の協力のもと、アイシャドウの選び方や可愛い目元のつくり方をご紹介します。

モテ色は、迷わずブラウン!

 女の子なら誰もが思う、「大きな目になりたい」という悩み。または、「優しくなりたい」や「うるうるしたモテる目元になりたい」という願望。実は、そうした悩みや願望を解決するのに“アイシャドウ”がとても大きな役割を担っているんです。

 アイシャドウには本当に様々なカラーバリエーションがありますね。気をつけなければならないのは、色選びです。

 アジア人はピンクや赤シャドウを使うと目が腫れぼったく見えたり、紫やブルーシャドウを使うと変にけばけばしく見えたりしてしまうことがあることです。

 ファッションを楽しむにはいろいろなカラーに挑戦するのも良いでしょう。しかし、「目を大きくしたい」「可愛くなりたい」「モテたい」と思うならば、迷わず“ブラウン”を選ぶのが近道です。

 アイ“シャドウ”と言われているぐらいですから、“影”に見えなければ意味がありません。ご自身の肌を見てみてください。影のところがブラウンになっていませんか。その色に近いブラウンアイシャドウを使うと、天然でできた影に見せることができる=真のナチュラルメイクということになるのです。

 黄色みの強いお肌の方は黄色みのあるブラウンシャドウ、ピンクみの強いお肌の方はピンクみのあるブラウンシャドウといった感じです。

 こういった真のナチュラルメイクができると、オフィスなどの仕事のシーンではもちろん、デートや合コンなど男性と接する際にも、好印象を与えることができるでしょう。

 逆に、ブルーやグリーンなど、人間の肌にはない色を使うと、相手から違和感を持たれてしまう可能性があります。アイラインやマスカラをしていなくても、「メイクが濃い」という印象を与えてしまうのです。

 また、質感に関してですが、ラメの入ったシャドウはあまりおすすめしません。

 これも人の肌にはない物を乗せることになり、人から、特に男性から、違和感を持たれてしまいます。ラメはパーティーなど日常生活から離れた場で使うなど、TPOを考えましょう。

 また、女性が大好きなこのラメは、年齢を重ねてくると…まぶたのシワが逆に目立ったりするので、本当に要注意です。マットなアイシャドウや、上品なパール感のあるアイシャドウが無難です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ