• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のファッション、20代は異性目線、30代は自分のため

2015年7月9日

安価にファッションを楽しめるから、興味を持つ人が減っている?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ファッションのモチベーションや意識していること
ファッションのモチベーションや意識していること
普段洋服を購入する場所
普段洋服を購入する場所
ファッション誌を毎月購入しているか
ファッション誌を毎月購入しているか
ファッション誌を購入しない理由
ファッション誌を購入しない理由
毎月ファッションに使う平均金額
毎月ファッションに使う平均金額

 オンラインリサーチサービス「アイリサーチ」を運営するネオマーケティングは、「働く女性のファッション事情に関する調査」の結果を発表した。それによると、20代働き女子のファッションは男性の目線を意識し、30代働き女子のファッションは自分のために楽しむ傾向が見られるという。

 一都三県に住む20歳―39歳の有職女性300人に、ファッションのモチベーションや意識していることを聞いたところ、「自分らしさを出す」(66.7%)との回答が最も多く、20歳代と30歳代ともに自分らしさを1位に挙げた。「着心地の良さ」は20歳代(38.0%)より30歳代(44.0%)の方がこだわりがあり、「異性ウケの良さ」は20歳代(25.3%)が30歳代(18.7%)より重視している。

 普段洋服を買う場所は、「ショッピングセンター」(72.0%)が1位、「駅ビル」(62.3%)が2位、「百貨店」(52.0%)が3位だった。「百貨店」は20歳代(43.3%)と30歳代(60.7%)の差が17.4ポイントと、最も大きな開きを示した。

 毎月ファッション誌を購入しているか聞くと、50.3%が「購入しない」と答え、「以前は購入していたが現在は購入していない」という13.7%を合わせると、6割以上がファッション誌を買っていない。毎月購入する人は16.0%、毎月ではないが購入する人は20.0%だった。

 ファッション誌を購入しない人に理由を尋ねると、「価格が高いから」と「必要としていないから」が同率(41.1%)で1位に並んだ。20歳代が「価格」を一番の理由に挙げているのに対し、30歳代は「必要としていない」「かさばる」が「価格」を上回っている。

 毎月ファッションに費やす金額の平均を聞いたところ、1万円未満が全体の6割以上(61.3%)を占めた。3万円以上使う人はわずか1割未満(8.3%)にとどまり、ファストファッションの台頭で安価にファッションを楽しむ人が多いか、もしくはファッションに興味を持つ人が減っていることが考えられる。

■関連情報
・アイリサーチのWebサイト www.i-research.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ファッション恋愛・結婚人間関係の悩み旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ