• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【PR】お肉万歳、本能全開!?働く女子の肉食事情

2015年7月14日

女子だってお肉が大好き!
もりもり食べてキレイをキープ、その秘策は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「がっつりお肉!」はなんとなく男性の専売特許のようなイメージがありますが、

やっぱり女性だってお肉が大好き。今回は働く“肉食”女子の本音トークから

お肉と女性の幸せ関係を探ります!

我慢しない掟破りの“肉祭り”でストレス解消!

 焼き肉、ステーキ、とんかつ、スペアリブ、ハンバーグ、しょうが焼き……。漂う芳ばしい香りとこんがり焼けた姿で、無差別に誘惑してくる肉料理は男性だけのものにあらず。女子だって美味しいお肉に豪快にかぶりつきたい! 公言していないだけで、お肉に目がない“肉好き女子”は相当数いるはず。

 今回、お肉にまつわる本音トークに参加してくれた女子も、当然“肉食系”だ。

きれいなサシが食欲を刺激
撮影協力:焼き肉トラジ 麻布十番店
女同士で気軽に肉祭り

 「学生時代の友人も職場の同僚も、みんなお肉が大好き。女同士だと気を使わずにお肉が食べられるから、女子会はほとんど焼き肉!」とお肉ラブの発言。周りにも肉食系がわんさかいるのだという。

 とはいえ、楽しい焼き肉タイムにも理性が働いてしまうのは、やはり今どき女子の習性なのだろう。「ダイエットとか気になるので、脂分の少ない肉を選んだり、糖分の多いタレはやめて塩やレモンで食べたり、ご飯や麺類をあきらめたり」と我慢することも。

 「周囲の女子も、お肉、お肉と言いつつも気にしながら食べてる」というのが実情。

 しかし、そのブレーキが壊れることもある。そこには、ストレスが関わっているようで、「上司に小言を言われたり、残業が続いたりしたときが、“肉祭り”のタイミング」だ。そんなときは本能全開で、肉料理を制限なく食べる。例えば、焼き肉ならビールをあおり、サシがたっぷりの肉をタレで食べ、すかさずご飯も注文する。「いつもは我慢しているけど、口中にじゅわっと広がる脂分とご飯の相性が最高! お肉もご飯もどんどん進んじゃいます」と満面の笑み。

 掟破りの肉祭り。これで、しっかりストレスを解消できるかのようだが、実はそれが女子にとって新たなストレスを生むことに……。

したたる肉汁にどんどん箸が進む

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ